英語学習AIロボット「Musio」に新機能「ベッドタイムストーリー」英語でショートストーリーを読み聞かせ 毎月新作を追加

AKAは英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)で多彩なショートストーリーを聞ける新機能「ベッドタイムストーリー」を2020年7月下旬より提供開始することを発表した。

すでにMusioを所有するユーザーが「ベッドタイムストーリー」を使用する場合はアップデートが必要。AKAサポートセンターにIPアドレスを連絡すると、遠隔でアップデートしてくれる。今後新たに購入するMusioには同機能が搭載されており、購入後すぐに使用できる。


提供開始の初月は20話、毎月10話ずつ追加

「ベッドタイムストーリー」ではイソップ童話やマザーグース、世界の童謡や詩などに基づいたバリエーション豊かなラインナップのショートストーリーを聞くことができる。各物語は約1分間と就寝前に聞くのにちょうどよい長さになっている。提供開始の初月は20話、その後毎月10話ずつストーリーが増えていく。

ショートストーリーはMusioのメニュー画面を表示させ、「Audioアイコン>Bed Time Story アイコン」で聞くことができる。実際のMusio画面では、英語と日本語の字幕表示切替や一時停止、スキップなどの操作が可能で使いやすい仕様。ストーリーの再生中は物語の内容に合わせたイラスト背景や効果音、音楽が流れ耳だけでなく、目でも楽しめる。


幅広いユーザーからリクエストがあった「ショートストーリーの読み聞かせ」

同社によるとショートストーリーの読み聞かせは、かねてより幅広いユーザーからリクエストがあった。昨今おうち時間が増えている中で自宅で気軽に英語を取り入れ、就寝時のリラックスタイムにも使用できるよう新機能として提供する。

AKAは今後も一人ひとりのニーズに合った英語学習コンテンツや機能、サービスを開発していくとともに、自宅での英語学習がさらに楽しく充実するようMusioを発展させていくとしている。


英語学習をサポートするAIロボット「Musio」

Musioは、英語でコミュニケーションをとれるようになることを目的にした英語学習をサポートするAIロボット。ロボットには、主に3つの機能が搭載されている。

・チャットモード:アメリカのネイティブ英語を話し、自然な英会話ができる
・チューターモード:専用教材とスキャナーを使用し、レベルや目的に合わせた英語学習が可能
・エデュモード:英語を話すために必要な単語・パターン・会話フレーズの反復練習と発音チェックを行う


関連サイト
Musio 公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム