サイバーダインの次世代型清掃ロボット「エレベーターと連携して自動乗降」ロボット単独でフロア自律移動の実証実験

CYBERDYNE株式会社は、株式会社東急コミュニティーと共に、同社が展開する次世代型清掃ロボット「CL02」がエレベータで自動乗降するために開発されたマルチベンダー対応エレベータ連動ユニットの共同実証を開始したことを、2020年8月6日に発表した。
同自律走行ロボットは消毒液噴霧機の搭載も可能。

エレベータに乗り込むCL02

エレベーター連動で自動乗降することにより、1台当たりの無人での自律走行エリアが飛躍的に拡張し、清掃や除菌消毒などの労働作業の更なる自動化と効率化を実現する。
自動清掃ロボットは夜間など、建物内に人がいない時間帯に自律清掃や除菌作業できることが大きな特徴だが、エレベータが使えないとフロア内の清掃に限られてしまう、という課題がある。


国内大手5社の全てのエレベータで実証実験

両社は、国内大手5社の全てのエレベータにて、自律走行ロボット「CL02」を連動する実証を実施している。まずは、東急コミュニティー技術研修センターNOTIA(ノティア)にて稼働中の日立製エレベータに本ユニットを設置し、「CL02」とエレベータとの連動の検証を行い、その有効性を確認した。今後は、その他4社のエレベータについても、東急コミュニティーの他施設にて共同実証を順次進める計画だ。

エレベータ連動のシステム概念図

同社は、汎用性の同ユニットの開発により、ビルやホテルなどの建物の全てのフロアにおいて、次世代型自律走行ロボットが安全かつ自由に行き来することのできる、人とロボットの理想的な共存環境を創出して行くと述べている。



次世代型清掃ロボット「CL02」

世界最高水準のSLAM技術を搭載した同ロボットは、高速かつ高精度の自律走行を実現しており、清掃業務においては2時間で最大3,000平米の清掃能力を有しており、2018年4月から大型フロアを有する空港ターミナルや駅・駅ビル、商業施設、オフィスビルなどへの導入が進んでいる。階数の多いオフィスビルやホテルなども建物においても、同ユニットを利用することで、同ロボットが無人で階を移動することが可能となり、さらに、除菌ユニットとの併用により、新型コロナウィルスの全館消毒を自動化できる。



人工知能で清掃エリアを自在に走行

ロボットに搭載された各種センサーで周囲の情報を取得し、人工知能が建物内部の形状と清掃経路を高精度に認識・記憶。磁気テープやマーカーなどの誘導線も不要。あらかじめ経路を指定するティーチングプレイバックと、ロボットによる自動経路生成を選択でき、広大なエリアの事前準備も効率的。各種設定はタブレット端末で簡単に操作可能だ。

今までにない圧倒的な清掃能力

高速な自律走行と高い吸引力により圧倒的な清掃能力を実現。一回の充電で最大3,000㎡の広範囲なエリアをパワフルに清掃することができる。(※設定する走行エリアやスピード等により変動。)

3D障害物検出で高い安全性を実現

独自に開発した3Dカメラを搭載。進行方向の障害物を立体的に検出し、安全に一時停止する。

ロボットから人へ作業結果をフィードバック

清掃後には作業エリアのゴミ分布マップを生成して作業結果を可視化。効率的・効果的な清掃計画の策定に活用でき、清掃品質の向上に貢献する。

▼「CL02」の仕様

外形寸法 縦620mm × 横480mm × 高さ470mm
重量 63kg(バッテリを含む)
稼働時間 約2時間
稼働面積 最大3,000㎡
集塵方式 紙パック式
操作インターフェース タブレット端末
備考 ※上記の数値は、設定やオプション等により変動する。
関連サイト
CYBERDYNE株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム