【かわいい】DFAが自動配膳ロボットを国内向けに提供へ 2千社以上で採用されている中国大手ロボットメーカーPuduが開発

株式会社Drone Future Aviation(DFA)は、2020年9月23日、中国大手ロボットメーカー「Pudu Robotics」の自動配膳ロボット【BellaBot】【PuduBot】を、国内で2020年10月より取り扱い開始すると発表した。


同社は、親しみやすいデザインと確かな技術で安全かつ正確に配膳を手伝うこれらのロボットは、コロナ感染症の防止や人件費削減に利用してもらいたいと述べている。



Pudu Roboticsとは

中国シンセン市に本社を置くPudu Roboticsは、ロボットの研究開発・生産・販売を行なっている。2016年に設立した同社は低速で自律走行するロボットを多数販売しており、これらのロボットは、すでに世界中の病院やオフィス、レストランなどで実際に利用されている。



病院での活用事例

人から人への感染が特徴であるコロナウイルスの特性から、非接触配送の需要が世界中の病院で高まり、現在、韓国のソウルや中国の北京、武漢など数百の病院でPudu Robotics製品が利用されている。Puduの製品は配送にかかる全ての工程を自動で行うため、感染の拡大を効果的に防止することが可能。また大容量のトレイを搭載しているので食事、医薬品、その他の物資を一度に患者に届けることができる。



レストランでの活用事例

コロナウイルスの感染拡大前からPuduの製品はレストランで利用されており、現在では2000社以上の国際企業で非接触配膳サービスとして採用されている。





BellaBotとは

BellaBotは室内用フードデリバリー ロボットだ。親やすい可愛らしいデザインと、高い安全性でオフィス、レストラン、病院など幅広いユーザーが活用している。

▼ Bella Bot基本性能

サイズ 514×537×1290㎜
重さ 59kg
材質 アルミ合金
充電時間 4時間
バッテリー寿命 168時間(交換可能)
配膳速度 0.5~1.2m/s(調節可能)
最大負荷 10kg(1つのトレイ)


【センサー性能】

■【動画】Delivery Robot BellaBot – a new member of PuduTech.




PuduBotとは

PuduBotはレッド・ドット・デザイン賞で最優秀賞を受賞したフードデリバリーロボットだ。位置測定にVisual SLAM技術を採用し、極めて複雑なレストランの形状にも迅速に対応できるロボットの開発に成功した。

▼ PuduBot基本性能

サイズ 516×500×1288㎜
重さ PD1:40kg、PD6:35kg
材質 アルミ合金
充電時間 4時間
バッテリー寿命 10~24時間
配膳速度 0.5~1.2m/s(調節可能)
最大負荷 PD1:10kg、PD6:13kg


■【動画】PuduBot- An Intelligent Delivery Robot(英語)


【PUDU SLAM】
PUDU SLAMは、ライダー、カメラ、UWB、RGBD、IMU、エンコーダ、複数のセンサをベースにPuduによって独立して開発された新しいSLAMテクノロジーだ。この新技術により、センチメートルレベルのリアルタイムポジショニング構築を実現。ロボットが複雑な環境でもより効率的にタスクを実行することを可能にした。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム