シャープ「透明ディスプレイ パーティション」がCEATEC AWARD 2020部門グランプリ受賞 感染症対策に加えて情報表示もできる

COVID-19感染症対策などで、人と人とを物理的に分けるパーティションを設ける機会は増え、今後もその流れは継続すると予想され、分けることで人同士のコミュニケーションに障害が発生し、その囲まれた空間から閉塞感が生まれることも懸念される。

シャープ株式会社は、このような懸念点を解決できる「高い透明性を確保し、自ら発光しない透明ディスプレイパーティション」を開発。10月20日(火)~23日(金)まで開催の「CEATEC 2020 ONLINE」に同パーテーションを出展しており、この度、同展内の「CEATEC AWARD 2020」ニューノーマルソリューションズ部門でグランプリを受賞した。CEATEC 2020 ONLINEはCEATEC 実施協議会が主催し、23日まで開催。



同社は、ニューノーマル社会を迎える中、今後も8K+5G、AIとIoTを組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていく同社のビジョン「AIoT」といった先進領域を軸に、特長ある技術や商品・ソリューションの提案を続け、世の中の暮らしの進化に貢献して行くと述べている。





透明ディスプレイパーティションについて

同パーテーションは、31.5V型というパーティションに適したサイズ感に加え、60%以上の光の透過率を持つ液晶パネルを新規開発することで、高い透明性を実現。病院や公共施設の受付、オフィスなどのシーンにおいて、人と人との物理的な距離の確保による感染症対策に用いるだけではなく、ディスプレイならではの情報表示や映像演出、調光(遮光・採光)など、新たな価値を付加したソリューションとして活用できる。
なお、同ディスプレイを開発した同社のディスプレイ事業は、2020年10月1日付で分社化され、シャープディスプレイテクノロジー株式会社(SDTC)となっている。



CEATEC AWARD 2020

同アワードは、同展にて展示される技術・製品・サービス等の中から、出展者が事前に応募した出展品・案件について、「CEATEC AWARD 2020 審査委員会」が学術的・技術的観点、市場性や将来性等の視点より、イノベーション性が高く優れていると評価できるものを審査・選考し、表彰するものだ。

受賞内容 <部門賞> ニューノーマルソリューションズ部門 グランプリ『透明ディスプレイ パ-ティション』
選評 従来方式と比べ、透過率60%以上と透明性が高く外光を活用した表示により、人同士のコミュニケーションの障害や、閉塞感を低減。情報表示が可能なパーティションにより、物理的に分ける安心感に加えて、楽しさ、便利さを提供する。また、5G等の通信技術やAR等のIT技術と融合し、さまざまな産業と連携することで、適切な情報を適切に届ける情報の窓となり、人々の生活に安心と豊かさを加え、ニューノーマル社会に貢献すると期待される。ニューノーマル時代に向けた画期的な提案であり、既存の液晶技術を時代のニーズに上手に適合させた点が高く評価できる。パーティションに情報を表示することで、新たな市場開拓も期待できる。
「CEATEC 2020 ONLINE」シャープブース紹介
https://corporate.jp.sharp/brand/globalevents/ceatec2020/
「CEATEC AWARD 2020」
https://www.ceatec.com/ja/outline/outline02.html

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム