ドローンとAIが自動検出した人をMRグラスに立体投影 救助隊員で共有「3rd eyeドローンシステム」で迅速なレスキューの実証実験

株式会社ロックガレッジはドローンの熱赤外映像から抽出した人影をAR/MRグラスに立体投影し、要救助者の位置や状態を直感的な視覚情報として救助隊員同士で共有できる「3rd eyeドローンシステム」を新たに開発したことを発表した(上の画像はイメージ)。

同システムは消防署、警察署等のレスキュー活動での利用を想定している。1月8日に福島ロボットテストフィールドにて災害現場での要救助者捜索を想定し、地上からは死角となる建物の屋上に取り残された要救助者をドローンとAIによってリアルタイムに特定、複数人のAR/MRグラスに投影する実証試験を成功させた。
なお、AIによる検知対象を変えることにより、点検、獣害調査等に応用することも可能、としている。


実証試験でAR/MRグラスに投影された立体映像

「3rd eyeドローンシステム」は公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構主催イノベーション創出プラットフォーム事業の採択を受けて開発を進めている事業であり、複合現実(MR)技術に株式会社mofmofの技術協力を得て開発を進めた。今後は主にイノベ地域をはじめとする消防署等と連携し、システムの完成度を高めていく。


ドローンとAIが自動検出した人の位置と姿勢をMRグラスに投影

ひとたび大規模災害が発生すると、多数の要救助者が発生する。要救助者の生存率を高めるには72時間の壁と呼ばれる限られた時間の中で一人でも多く救助することが重要だが、夜間、浸水、瓦礫の散乱等により、隊員の救助活動が大きく制約される場合がある。このような状況下であっても効率よく初動捜索を行うため、ドローンが注目され救助現場で用いられつつあるが、ドローンが収集した情報はオペレータが一度集約し、タブレット等の端末や言語で周囲に伝達するという運用が主流となっている。このような方法では情報のロスや伝達の齟齬、説明作業が発生するため、一分一秒を争う救助作業にとって非効率なものとなっている。

理想は要救助者が発見され次第、救助隊員全員に即時伝達され、その場所が直感的に示されること。株式会社ロックガレッジは将来普及すると期待されているMRグラスにドローンとAIによって自動検出した人影の位置・姿勢を立体映像として投影するシステムを開発し、言語等を使用せず複数人が要救助者の正確な位置を即時かつ直感的に把握・共有することに成功した。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム