スターウォーズ「R2-D2」を使った小学生向けオンラインプログラミング講座を特別価格で提供 22種類のミッションに挑戦

ロボットテクノロジーやIoT技術を駆使し、新たな技術分野の創出を目指すRoundyedge株式会社は、STARWARSでおなじみのR2-D2をベースにした「littleBits Droid Inventor Kit」とオンライン(Zoom)でのプログラミングの講座を特別価格で購入できるプランの提供を開始することを発表した。

『R2-D2』を組み立てプログラミングにて動かすことができる「Droid Inventor Kit」の価格は14,850円(税込)だが、オンライン講座とキットをセットにして特別キャンペーン価格13,000円(税込)で提供する。なお、「Droid Inventor Kit」のみも特別価格1万円(税込)で販売する。オンラインプログラミング講座は1月17日を予定。





「Droid Inventor Kit」について

「littleBits Droid Inventor Kit」は磁石で電子回路を繋いで電子工作ができるオープンソースライブラリ「littlebits」を利用してスターウォーズのキャラクター『R2-D2』を動かせるキット。R2-D2を動かすのに様々なモードがあり、遊びながらlittle Bitsに触れることで、簡単に電子回路を作って学ぶことができる。

アプリストアから無料の「Droid Inventor App」(iOS/Android)をダウンロードするとR2ユニットに「R/Cで動かす」「センサーで動かす」「光らせて回転させる」などの22種類のミッションにチャレンジすることができ、クリアすることでさまざまな能力を与えることができる。また、最後のミッションではプログラムを組んで自由に動かす命令を作ることができる。





「Droid Inventor Kit」でできること

・各モーターやセンサーなどのモジュールの役割を理解できる

・キットをブロックのように簡単に組み立てることができる

・専用アプリから与えられたミッションによって、R2D2キットを以下のように使うことができまる
1 R/Cコントロール
2 ハンドジェスチャーでのコントロール
3 侵入者警報装置
4 ハンド掴み
5 スクラッチのようなブロックを使ったプログラミング学習


Zoomで特別開催するプログラミング学習について

オンラインで学習するプログラミングでは「順番」「くり返し」「分かれ道」の基本を網羅して学習できる。小学生の低学年からでも学べるよう、簡単なプログラムから始め、基本を1つずつ学習していく。プログラミング講座は1月17日を予定し、午前の部と午後の部各回6組程度を想定。時間は40分。



オンライン受講の詳細

対象者 小学生とその保護者1名
時間 40分(Zoomで参加)
参加人数 各回6組程度を想定
開始時期 2021年1月17日午前1回 午後1回(時間については、申し込み後に案内。)
※以後は申し込みの様子をみて、回数を追加していく。
関連サイト
「Droid Inventor Kit」

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム