Apple Watchで育児をサポート 子育て記録の情報入力や確認、共有が便利に 「ぴよログ」がコンプリケーションに対応

Apple Watchが育児をサポートしてくれる機能に育児記録アプリが対応した。

スマートフォン向けアプリの開発・運営を行う株式会社ぴよログは、赤ちゃんの育児記録ができるスマートフォン向け育児記録アプリ「ぴよログ」をリリースしていて、2020年4月には累計ダウンロード数が100万人を突破した。
この度、このアプリがApple WatchのMultiple Complications機能に対応したアップデートを行ったことを発表した。これにより、Apple Watchの文字盤から子育て記録の情報を取得したり、直感的に「ぴよログ」アプリへアクセスすることが可能となった。Siri、Googleアシスタント、Amazon Alexaでの音声入力にも対応。育児記録の入力や、その情報をほかの人と共有することなども容易になる。


なお、Apple Watchの文字盤には様々な種類があり、コンプリケーション(文字盤上に文字やアイコンを設置できることができる機能)に対応していないものもある。また、シリーズによっても文字盤の種類が異なるため、コンプリケーション対応のものを選んで試す必要がある。


「夫婦で育児記録を共有する」ぴよログ

パートナーが仕事先でも子育て状況を把握することで、帰宅後の育児参加がしやすくなり、育児の負担を上手く分散できるのではないかとの考えより、開発された同アプリは、2020年4月には累計ダウンロード数が100万人を突破、1日の利用者数も20万人を超えている。


▼ ぴよログ概要

アプリ名 ぴよログ
対応プラットフォーム iOS, Android
主な特徴 ・育児記録の夫婦共有機能
・片手で記録できるわかりやすいUI
・記録の変化がわかりやすいまとめ機能
・身長体重の変化を確認できる成長曲線機能
・育児記録を印刷できるPDF出力機能
・Siri、Googleアシスタント、Amazon Alexaでの音声入力機能
・Apple Watchでの記録機能
備考 コンプリケーションとして設置できるのは以下の種類となる。((文字盤により設置できるものは異なる)
・アプリアイコン(アプリの起動)
・授乳タイマー(アプリの授乳タイマー画面を表示)
・食事・睡眠・排泄の最終記録情報(タップでアプリが起動)




Multiple Complicationsに対応した機能のアップデートに関して

Apple Watchに対応している同アプリでは、Apple Watch上から育児記録を行える。Watch OSのアップデートにより文字盤上に同一アプリのコンプリケーションを複数設置できるようになったことより、同アプリでも複数設置できるようにコンテンツを追加。肌身離さずスマートフォンを持ち歩かなくてもぴよログへアクセスできる。また、文字盤上にぴよログのコンプリケーションの複数設置が可能となったことで、アプリへのアクセスはもとより、現在の記録情報を簡易的に把握できるようになった。


設定方法
1) Apple Watchの文字盤上を長押しする。
2) 編集をタップして編集画面に進む。
3) 変更したい箇所をタップする。
4) 表示させたいコンプリケーションからぴよログのコンテンツを選んで設置する。




ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム