京阪電車が駅案内ロボット「ekibo」(エキボ)の実証実験 祇園四条駅をICTのモデル駅としてロボットの有効性を検証

京阪電気鉄道は、より多くの顧客が快適に京阪電車を利用できるよう、対話型の駅案内ロボットを祇園四条駅に設置し、実証実験を行うと発表した。駅の利用客に対し、駅案内ロボットでの案内の有効性などを検証する。ロボットは日本信号が開発している「ekibo」(エキボ)。

参考:都営大江戸線都庁前駅での駅案内ロボット「ekibo」

ロボットはトイレ、コインロッカー等の駅の施設や、乗換方法を案内する予定。日・英・中の3言語に対応する。
場所は京阪電車の「祇園四条駅」コンコース。期間は2月19日(金)から。


実証実験の検証事項
 ・駅案内ロボットが自らお声がけを行い、お客さまと会話を開始することができるか
 ・駅の雑踏の中でも、お客さまの声を認識し会話が成立するか
 ・お客さまの声により言語や発話内容を判断できるか


実施時間
 2021年2月19日(金)以降、平日10:00~16:00 ※初日のみ15:00~16:00

場所
 京阪電車 祇園四条駅 コンコース

駅案内ロボットの主な機能
 ・祇園四条駅構内施設(トイレ、コインロッカー等の場所)や出入口のご案内
 ・乗換案内  など
 ※画面表記と音声案内(日・英・中)によるもの

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム