5Gの普及を見据えて低コストでも安全で高精細な映像の伝送・管理を実現「セキュア映像通信サービス」日立システムズ

株式会社日立システムズは5Gネットワークの普及や映像技術の進化を踏まえ、従来のような専用回線や閉域網ではなく、公衆網(インターネット回線など)やクラウドを利用してコストを抑えつつも、特殊な暗号化処理技術により、高精細な映像をセキュアに伝送し、保管・検索・閲覧できる「セキュア映像通信サービス」を2月18日から提供開始することを発表した。

「セキュア映像通信サービス」は5Gなどの次世代無線通信技術を活用したワンストップソリューションの1つとして、「特殊な暗号化処理を行うためのプログラムを搭載した監視カメラなどのエッジデバイス」「デバイスで撮影した映像を暗号化し、5Gやローカル5G、Wi-Fi6、sXGPなどのネットワークを通じてリアルタイムに伝送するシステム」「暗号化した映像の復号と保管・検索・閲覧が可能な映像管理システム」などをセットで提供するもの。同サービスにより、低コストでありながら、セキュアな映像管理システムの導入を支援する。


「セキュア映像通信サービス」提供の背景

高速・低遅延・同時多接続の特徴を持つ5G通信技術が世界的に注目されており、国内でも、2020年度から商用サービスが提供開始されている。また、企業や自治体等が建物や敷地内に限定して利用できるローカル5G無線局の免許交付が始まり、製造業のスマートファクトリー化や建設現場のデジタル化、交通機関での映像監視など、さまざまな分野で活用が期待されている。中でも、映像監視分野においては、安心・安全な社会づくりの観点で、カメラ映像の高精細化などと併せて、さらに活用の幅が広がることが予想される。

しかし、高精細な映像のリアルタイムな伝送が可能となる一方で、セキュリティを担保するためには、専用回線や閉域網などを導入するか、または公衆網で利用する場合は、映像の暗号化処理などが必要。コストを抑えるためには公衆網の利用が適しているが、暗号化処理による遅延が発生するため、交通インフラなどをはじめとする公共分野や医療分野など、プライバシー保護のためにセキュリティの担保が必須となる分野では活用が難しいという課題があった。

こうした背景の下、日立システムズは4Kや8Kなどの高精細なカメラで撮影した映像を公衆網やクラウドなどを活用してコストを抑えつつ、特殊な暗号化処理技術によりセキュアに伝送し、保管・検索・閲覧を可能にする「セキュア映像通信サービス」を提供開始する。


セキュア映像通信サービスの詳細

セキュア映像通信サービスは米国のパートナー企業が特許を取得している特殊な暗号化処理技術(AES256による暗号化)をベースに日立システムズ独自のプログラムをカメラに搭載することで、高精細な映像でも暗号化処理の遅延が少ない映像通信を可能とするもの。そのため、プライバシー保護が重要な場所での映像通信・管理においても、専用回線や閉域網などを利用せず、公衆網とクラウド、特殊な暗号化処理技術により、低コストかつセキュアな映像の伝送を実現できる。

AES256とは
米国国立標準技術研究所(NIST)が政府の標準暗号方式として選定したAES (Advanced Encryption Standard)のうち、256ビットの暗号鍵を用いる方式

同サービスでは暗号化技術の提供だけでなく、映像の復号から保管・検索・閲覧が可能な映像管理システムや必要となる高精細カメラの調達などをワンストップで提供することで、運用面も含め、ユーザーのニーズに合った映像管理システムの導入を支援する。

これにより公共・医療分野などでの活用が期待できる。例えば、現状は街中の電柱などに取り付けた監視カメラの映像管理において、映像を記録したカード型の記録媒体を人手で定期的に回収や交換を行っているような場合、同サービスにより、セキュリティを担保しつつも、映像データをリアルタイムに伝送する映像監視システムへ移行することができ、プライバシー対策や作業負荷、運用コストの低減を支援する。

また、救急医療の現場においても、ドクターヘリなどで救急搬送中の患者の様子や怪我・病気の症状に関する高精細な映像を受け入れ先の病院にセキュアに低遅延で伝送することで、事前に受け入れ準備を整えたり、迅速で適切な診断・処置につなげたりすることが可能になる。


セキュア映像通信サービスの活用シーン

今後、日立システムズはセキュア映像通信サービスを拡販するだけでなく、日立の先進的なデジタル技術を活用したLumadaソリューションとの連携によるデジタルトランスフォーメーションの推進支援まで含めて、ローカル5Gワンストップソリューションとして、さまざまなサービスを展開予定。これにより、2025年度末までに累計25億円の売上を目指す。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム