三越伊勢丹が知育玩具売場で会話ロボットを活用 子どもの年齢に合わせた知育商品「ギフトセレクト」を紹介

サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うIGP ROBOTICS株式会社と株式会社三越伊勢丹は、ロボットを活用したB2B領域のソリューションビジネス第2弾として、 3月10日(水)から4月6日(火)まで、伊勢丹新宿店本館6階 玩具売場にて、ロボットを活用した新しい顧客体験創出のトライアルを行う。

両社は、共同でロボットを活用したB2B領域のソリューションの開発、展開を進めており、2020年12月には、第1弾ソリューションとして、株式会社三越伊勢丹プロパティ・デザインが運営する「FOOD & TIME ISETAN YOKOHAMA」のクリスマスキャンペーン向けに、検温・案内ロボットを導入しており、今回は第2弾ソリューションとして、ロボットを活用した新しいエンターテインメントを創出すると述べている。


知育玩具売場でロボットを活用

イベント期間中、伊勢丹新宿店本館6階に、おすすめ知育玩具売場を設置。そこで、UBTECH社製のAIコミュニケーションロボット「Cruzr Standardモデル」が子どもの年齢に合わせたお勧めのコンテンツを紹介するとともに、商品の案内を行う。

ロボットが紹介する「ギフトセレクト」画面イメージ

▼ ロボットが紹介する「ギフトセレクト」

期間 3月10日(水)~4月6日(火)平日:13:00~15:00、土日:11:00~16:00
※時間帯は多少前後する場合あり
場所 伊勢丹新宿店 本館6階 玩具売場
ロボットの機能 簡単な会話やダンスでコミュニケーションをとるほか、お子さまの対象年齢ごとに、知育玩具を中心に動画やコメントで紹介
紹介コンテンツ 0~1歳:3点、1~2歳:4、2~3歳:4点、3~4歳:4点、子どもから大人まで:8点、オススメ知育玩具:9点




取り扱いロボットについて

今回利用するAIコミュニケーションロボット「Cruzr Standardモデル(UBTECH社製)」は、日本語での会話に加え、ダンス、動画、音声などのエンタメ機能を搭載。すでに海外の小売・ホテル・空港・博物館などで多くの実績がある。

AIコミュニケーションロボット Cruzr Standard モデルhttps://www.imhds.co.jp/gaisho/column/col-019.html
大きさ 1214㎜(高さ) × 630㎜(幅) × 547㎜(縦)
重さ 45㎏
画面 11.6インチ、タッチパネル1920×1080
稼働時間 8時間
ネットワーク WiFi
移動速度 0.3m/s、0.5m/s、0.7m/s(3段階で調整可能)



ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム