検温やマスク検知、受付応対などができる感染症対策AIロボット「AYUDA-MiraMe」5月10日から販売開始 株式会社CIJ

創業45年を超える独立系ソフトウェア開発会社である株式会社CIJは、非接触で検温やマスク検知、受付応対などができる感染症対策AIロボット「AYUDA-MiraMe」(アユダ ミラーミ)の販売を5月10日から開始することを発表した。


検温・マスク検知・受付応対を備えた感染症対策ロボット

「AYUDA-MiraMe」はAIを活用した感染症対策ロボットで、施設の来訪者に対し検温や、マスク検知、受付応対を非接触で行うことができる。検温、マスク検知は複数人同時に可能。また、音声認識・対話機能とディスプレイ表示を用いて、来訪者の訪問先への誘導や、施設案内、担当者への連携などを行う機能も備える。

【機能】
検温
・サーマルカメラで顔を認識して表面温度を検温する機能
・複数人の同時検温が可能

マスク検知
・RGBカメラで顔を認識して、マスクの装着を検知する機能
・複数人の同時検知が可能

受付応対
・音声認識・対話機能とディスプレイ表示を用いて、来訪者の訪問先への誘導や、施設案内、担当者への連携などを行う機能

これまでに横浜市役所や横浜銀行アイスアリーナなどのスポーツ施設の入口に設置して、入場者の検温およびマスク装着検知について実証実験を行ったほか、2021年1月には座間市の座間幼稚園、海老名市の中新田保育園で、園児の体調変化把握の迅速性、施設職員の業務改善の有効性、および活発に動く園児の検温精度について検証するための実証実験を行ってきた。


AYUDA-MiraMe(座間幼稚園での実証実験風景)

「AYUDA-MiraMe」は受付に設置する利用方法以外にも、介護施設や保育園、幼稚園の施設利用者等、体調変化をリアルタイム認識する必要のある人の体温変化を常時監視し、高体温状態に変化した場合に施設職員へ通知を行うことも可能。さらに、設置施設に合わせた機能追加、システム連携の実現が可能なロボットプラットフォームを採用しているため、要望に合わせたカスタマイズが可能。

AYUDA-MiraMe利用シーン(画像は製品サイトから引用)

■「AYUDA-MiraMe」製品概要

製品名 AYUDA-MiraMe(アユダ ミラーミ)
MiraMeの「i」はアキュートアクセント(´)を付与したものが正式な表記とな
重量 2.5Kg
ディスプレイ 7インチ
検知速度 1秒未満
温度誤差 +/-1℃
電源 AC100V~240V(50/60Hz)
価格 ・製品本体価格:¥598,000(税込¥657,800)

・月額サービス費用:¥12,000/月(税込¥13,200/月)

・カスタマイズ費用:¥200,000~(税込¥220,000)※
(※)カスタマイズ内容により費用が異なるため別途御見積となる

製品サイト https://www.cij.co.jp/service/product/ayuda/mirame.html

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム