ロボティクス×AIでインフラ点検を加速 センシンロボティクスがコスモ石油と共同で自動航行ドローンの監視システム実証実験

少子高齢化や社会/産業インフラの老朽化を背景に、プラント設備におけるドローン活用のニーズは年々高まっている。ドローンの利活用により、塔類等の高所点検の容易化や大型石油貯槽タンク等の日常点検頻度の向上による事故の未然防止、災害時の迅速な現場確認が可能となり、プラントの保安力・利便性の向上や労働災害の減少に繋がることが期待されている。

このような流れを受け、ロボティクス×AIで社会課題の解決を目指す株式会社センシンロボティクスは、コスモ石油株式会社千葉製油所と共同で、同社の『SENSYN CORE』を活用し、ドローンによる監視システムの実装化に向けた実証実験を実施したことを2021年5月18日に発表した。

今回の取り組みでは、先進技術を活用して点検業務における「人の作業の補完」を進め、将来的には高機能な機器と連携した「人の能力以上の検知・感知」と、クラウドを活用した情報収集・履歴管理の高度化を実証するとともに、コスモ石油千葉製油所が目指す「高度保安」を実現するために先進技術の実装を進めている。



『SENSYN CORE』について

同社の、データ分析・ロボット制御を行う業務自動化統合プラットフォーム『SENSYN CORE』は、簡単な操作でドローンを点検対象物と適切な離隔距離を確保しながら安定的に自動飛行させることができる。別な知識や技術がなくてもドローンの運用が可能になるため、ユーザー自身での運用が可能だ。自動航行だけでなく取得したデータの一元管理を行うことができることにより部署間でのデータ活用がスムーズにできる他、画像を撮影した場所を地図上から確認、不具合箇所のマーキングやコメント記入など点検業務に必要な機能を搭載している。





同実証実験の概要

同実証実験では、災害時点検や巡回点検実装を想定した屋外石油タンク(浮き屋根含む)の点検、小型ドローンによる煙突内目視点検、水中ドローンによる桟橋点検を実施した。


災害時点検や巡回点検実装を想定した石油タンクク(浮き屋根含む)の点検

『SENSYN CORE』を使い、防爆エリア外でのドローンの自動航行による石油タンクの状況確認を行い、監視カメラで確認できない箇所への一次スクリーニングには有効活用が可能であることが分かった。現在はユーザー自身で運用可能となっている。

石油タンク点検イメージ


小型ドローンによる煙突内目視点検

煙突内点検では、煙突底部から最上部までドローンを飛行させ、内部の塗装の剥がれ具合とひび割れの状況を撮影し、撮影成果物は点検の代替になりうることが分かった。

壁面の凹凸、変状を確認

使用機体


水中ドローンによる桟橋点検

桟橋設備点検では、水中ドローンを航行させ、クラゲネット、桟橋デッキ裏、桟橋海底、配管パイプの裏側の点検を行い、各設備の状況確認を行い、潜水士による水中目視点検や調査の代替、桟橋下の点検作業の代替として活用できることが分かった。

水中ドローンでの桟橋点検

水中ドローンでの桟橋点検




今後の展開について

今後は、石油タンク以外の点検や履歴管理の高度化に向けた実証実験を行い、設備全体の監視業務への実装を進め引き続きコスモ石油千葉製油所が目指す「高度保安」の実現に貢献していくとともに、同社は、設備点検や災害対策、警備・監視を中心とする様々な領域において、実際の業務に適用する際の「ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業を行うためのオペレータ(人力)の不足」や「その育成・確保にかかる工数」といった問題を解決する方法として、ドローン活用業務の完全自動化を推進していくと述べている。

業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN CORE」:
https://www.sensyn-robotics.com/product/sensyn-core

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム