カラーシールで電車の動きや音をプログラムする電車型学習ロボット「Qレール」 Makuakeで先行発売開始

合同会社Robobloq JAPAN(読み:ロボブロックジャパン)はSTEAM教育コンセプトに基づき設計された幼児向けの電車型学習ロボット「Qレール」(Coding Express)の取り扱いを開始したことを発表した。


赤外線センサーによる追跡や障害物回避も体験できる

「Qレール」(Coding Express)はカラーシールで電車の動きや音をプログラムすることができるため、パソコンやタブレットは不要。レール無しのフリーモードでは、赤外線センサーによる追跡や障害物回避を体験することが可能。また、付属の木製レールはBRIO等の他メーカーのレールと互換性があり、繋げて遊ぶことができる。日本発売に際し、クラウドファンディング「Makuake」で、5月25日から6月13日までの約3週間、お得な先行発売キャンペーンを実施する。Makuake販売終了後は、販売店経由での取り扱いとなる。




製品の特徴

シールをレールに貼って電車をコントロール
専用のカラーシールで動きや音をプログラムすることができる。シールはレールの上に貼って使用する。



追跡や衝突回避モード搭載。ホイッスルを鳴らして加速も
フリーモードでは、赤外線センサーによる追跡や障害物回避を体験できます。電車が走っている時に指定のホイッスル(非同梱。プラスチック製のコルク入りホイッスル)を吹くと、一時的に電車を加速できます。



他社製レールと接続し拡張可能
他社製品の木製レールおもちゃ「BRIO」(ブリオ)等のレールをつなげて使用することができる。実際に使用した写真の製品は「BRIO クラシックDXレールセット」と「IKEA LILLABO 列車レール 50点セット」。レールを拡張し、複数のカラーシールを活用することで、より複雑な動きを実現できる。




クラウドファンディング「Makuake」での先行販売について

幼児向けの電車型学習ロボット「Qレール(Coding Express)」の価格は9,000円(税抜)。Makuakeではお得な3つのリターンメニュー(申込プラン)を用意している。




製品概要

製品名 Qレール(Coding Express)
発売 2021年5月25日
定価 9,000円(税抜)/税込価格:9,900円(5月25日~6月13日の期間はMakuakeでの先行発売期間となり、Makuake販売終了後は、販売店経由での取り扱いとなる。)
製品内容 ・電車本体 ✕ 1台
・木製レール ✕ 24本
・カラーシール(命令シール) ✕ 4シート
・英文説明書 ✕ 1部
・日本語説明書 ✕ 1部
※動作に必要な単四電池3本は含まれていない。
※電池カバーを取り外すためのドライバーは含まれていない。
販売代理店募集のお知らせ 合同会社Robobloq JAPANでは、自社での販売活動は予定していない。日本でのサービスを展開するに際して、教育サービス事業者や教育教材卸事業者、ECプラットフォーム事業者の皆様を通じて、Robobloq製品を提供する。現在、Robobloq製品の販売に協力する一次代理店パートナー企業を募集している。
Robobloq JAPAN「Qレール」サイト https://robobloq-japan.com/product/qrail.html

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム