JUKIが無人警備・消毒ロボ「パトロ」でUV消毒ロボットを試作 ロボットアームと紫外線照射機を搭載して動作を確認

株式会社ZMPはJUKI株式会社が無人警備・消毒ロボ「PATORO」(以下、パトロ)を活用し、紫外線消毒のロボットとして試作した事例を発表した。


パトロ+ロボットアームによる紫外線消毒ロボット試作機

JUKIはコロナ禍の中で新たに発生している消毒作業に関する二次感染リスクや過重労働の防止を目的とし、公共設備等での安全な消毒を実現する手段として、株式会社ZMPが開発した歩く程度の速度で自動運転する無人警備・消毒ロボ「PATORO」(以下、パトロ)にロボットアームと紫外線照射機を組み合わせ、より自由度のあるUV消毒ができる消毒ロボットの試作開発とテストを行った。


自動運転技術とロボットアームを組み合わた同試作機は、ロボットアームを固定しパトロの自律移動により紫外線消毒を行う方式と、パトロが特定の場所で停止しロボットアームを動かすことによって紫外線消毒を行う、両パターンの動作テストを行っている。これら機能により、より自由度が高く柔軟な消毒動作を実現できる可能性を示している。




ZMPの無人警備ロボ「パトロ」と紫外線照射機のついたロボットアームは、ロボットマネジメントクラウドの「ROBO-HI」(ロボハイ)を通じ行うコンセプトとなっている。ロボハイではパトロの位置情報や各種ステータスの情報をAPI接続により外部システムへ連携できる仕組みを提供している。




無人警備・消毒ロボ「パトロ」

パトロは2020年12月より販売を開始した、時速6km/h以下で自動運転を行い屋内外の警備、また、オプションとして噴霧消毒を行うロボット。パトロに搭載されている自動運転は2016年より開発している無人宅配ロボット「デリロ」や2019年に発表した歩行速モビリティ「ラクロ」により洗練されてきた技術を搭載し、人が行き交う場所でも回避行動や一時停止などにより安全な走行ができるようになっている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム