羽田空港の国内線出発ゲート全域で自動運転の低速モビリティが無料で利用できる WHILL自動運転システム

羽田空港の搭乗ゲートまで低速モビリティに乗車して移動できるサービスが拡充する。

WHILL株式会社と羽田空港旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデング株式会社は、昨年7月に羽田空港第1ターミナル北エリア内で初期導入された、空港の利用客が搭乗ゲートまで乗車できる「WHILL自動運転システム」運行サービスを、第1・第2ターミナルの国内線出発ゲートラウンジ全域に拡張することを発表した。利用は無料。利用終了後は低速モビリティが無人運転で待機場所まで自動で戻って返却される。


このサービスでは、空港の利用客が自身でタッチパネルを操作して自動運転パーソナルモビリティ「WHILL」を使って搭乗ゲートまで移動することができる。これにより、長距離の歩行に不安を感じられる人を含むすべての利用客が快適な移動手段を利用できる。
利用する際に、空港の係員との会話や接触が回避されることによって、新型コロナウイルス感染症への感染リスクの低減にもなる。

このサービスは昨年7月に初期導入され、その時点で「空港における自動運転パーソナルモビリティの実用化」は羽田空港とWHILLが世界初となった。導入期間において安定した運用が確立されたため、今回、羽田空港第1・第2ターミナルの国内線出発ゲートラウンジ全域において展開するに至った。

■「WHILL自動運転システム」サービス(空港)




サービス概要

展開時期・エリア: 2021年6月14日より順次展開エリアを拡大。
第1ターミナル:6月14日~全域
第2ターミナル:6月14日~北エリアのみ / 7月中旬~全域
※すべて出発ゲートラウンジ内での運用となる。



サービス内容

待機場所からご利用便の搭乗口まで自動運転モードにて案内。無料。
※利用終了後は無人運転により待機場所まで返却される。
◇対象者:羽田空港から国内線に搭乗の利用客。※一部利用制限がある。
◇運用時間:8:00〜20:00(通年)



WHILL自動運転システム

WHILL社が開発する、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・室内領域のための自動運転システム。あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行および自動運転による無人での返却が可能。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム