映像をリアルタイムに共有、ハンズフリーで業務を効率化!ドコモがMRスマートグラスで保守業務向け「遠隔作業支援」システムを開発

株式会社NTTドコモは、複合現実(MR)用ヘッドマウントディスプレイ「Magic Leap 1」を用いた保守業務向け遠隔作業支援ソリューションを開発したことを、2021年6月14日に発表した。同社のネットワーク保守業務で試験運用を開始し、各機能の使い勝手や改善点の洗い出しを行い、試験運用の結果を踏まえて業務への本格導入やさらなる機能改善をめざしていく予定だ。





遠隔作業支援ソリューション概要

同ソリューションは、遠隔地からリアルタイムで作業現場を遠隔支援するサービスだ。サーバ保守業者やインフラ事業者などによる、施設や機材の保守での活用が見込まれる。遠隔地にいる支援者は PCの映像や音声から現地の状況を把握し、作業指示をする。現地にいる作業者は「Magic Leap 1」を装着することで、隣でアドバイスを受けているような精度で作業することが可能となる。

ドコモのネットワーク保守業務での利用イメージ

同ソリューションでは、遠隔地のPCアプリから MR空間上に矢印配置や描画を行うことで、遠隔地にいながら現地で行うような指示ができる「空間ポインティング機能」が使用可能。また、現地で 手順書を空間上に表示することで、作業しながら手順を確認できる「3D フロー機能」も搭載。複数のセンサーを使用してユーザーの周囲の現実世界のデジタル表現をリアルタイムで構築する、MR技術の持つ空間認識能力を活用することで、作業対象を邪魔しない位置に手順書を配置することが可能となる。

ソリューションの利用イメージ

そのほか、騒音環境下でも通話が可能な「ノイズキャンセル通話機能」、3Dフローを利用した作業履歴が閲覧できる「証跡管理機能」、指定の連絡先にすぐに連絡可能な「通話リクエスト機能」を搭載。また、施設や機材の保守に欠かせない、人為ミスをなくすためのクロスチェックが必要だが、チェックする側も現地に居なければ作業が出来ない。その上、正確なチェックを行える熟練者も減少しているという課題がある。同ソリューションにより、熟練者が遠隔地からでも保守・クロスチェックが可能になるため、作業者のスキルの有無に関わらず正確な現地対応が可能となる。


同社は、2021年6月16日(水)から6月18日(金)の3日間開催されるオンラインイベント「JapanITWeek オンライン」へ同ソリューションを出展。業務の効率化や省人化など保守業界のDXの推進に貢献して行くと述べている。

「JapanITWeek オンライン」詳細(公式サイト):
https://www.japan-it-online.jp/ja-jp.html
関連サイト
株式会社NTTドコモ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム