ヒュンダイ自動車がソフトバンクグループからBoston Dynamicsの取得を完了 AtlasとSpot出演のコンセプト新動画を公開

韓国のHyundai Motor Group(ヒュンダイ自動車)は2021年6月21日、規制当局からの承認および一般的な取引条件の充足を経て、ソフトバンクグループ株式会社(SBG)から米国に本社を置くBoston Dynamics(ボストンダイナミクス)の経営支配権の取得を完了したことを発表した。同取引完了後、Hyundai Motor GroupはBoston Dynamics株式の80%を保有し、SBGは子会社を通じて同社株式の20%を引き続き保有する。同取引においてこのモバイルロボット企業は11億米ドルと評価されている。その他の財務情報は非公開だ。

ヒュンダイ自動車が公開した新コンセプト動画より

・Hyundai Motor Group は、規制当局の承認およびその他条件の充足に伴い、ソフトバンクグループから Boston Dynamicsの支配権を取得
・Hyundai Motor Group は、両社が生み出すシナジー効果により、高度なモビリティ、操作性、視覚機能を備えた最先端ロボティクスの開発促進を目指す
・Hyundai Motor GroupはBoston Dynamicsと共に、ロボットコンポーネントの製造からスマートロジスティクスソリューションに至るまでのロボティクスのバリューチェーンを創出

ヒュンダイ自動車が公開した新コンセプト動画より


Hyundaiのロボティクス領域における戦略

Boston Dynamicsは、世界的大手企業の事業にも取り入れられているアジャイルなモバイルロボットの開発において、確固たる地位を築いたリーダーだ。2020年6月に最初の商業用ロボットSpotの販売を開始。現在では、電力や建設、製造、石油およびガス、鉱業などさまざまな業界にて数百台ものロボットが稼働している。加えて、倉庫や配送センター向けに特化した初の商業用ロボットStretchを先日発表した。

■【動画】Hyundai x Boston Dynamics | As mobility evolves so does humanity(英語)

Hyundai Motor Groupが、Boston Dynamicsの専門性を取り入れながら人類のモビリティをどのように進化させていくのかを示した動画

Hyundai Motor Groupは、戦略転換を推し進めるため、これまで自律走行、人工知能(AI)、アーバンエアモビリティ(UAM)、スマートファクトリー、ロボットなどの分野を含むフューチャーテクノロジーの開発に多額の投資を行ってきており、Boston Dynamicsの取得によりロボティクス領域における第一線のプレゼンスを確実なものとし、スマートモビリティのソリューションプロバイダーへの戦略転換に向け、新たな一歩を大きく踏み出すとしている。同取引により、両社は、製造やロジスティクス、建設、オートメーションの各分野における互いの強みを生かせるようにもなり、共に、ロボットコンポーネントの製造からスマートロジスティクスソリューションに至るまでのロボティクスバリューチェーンを構築していくとしている。さらに、Hyundai Motor Groupは、Boston Dynamicsの製品ラインと、グローバルな販売・サービス体制の継続的な発展を支援する予定だ。


Hyundai Motor Groupについて

Hyundai Motor Groupは、モビリティ、鉄鋼、建設をベースに、物流、金融、IT、サービスなどのバリューチェーンを構築してきたグローバル企業だ。全世界に約25万人の従業員を擁する当社グループのモビリティブランドには、Hyundai、Kia、Genesisなどがある。


Boston Dynamicsについて

非常に高度なロボティクスの課題に取り組むことができる高機動ロボットの開発と展開で世界をリードしているBoston Dynamicsは、高度な機動性、機敏性、知能を備えた高性能ロボットを創造し、工業プラントや建設現場から、物流センター、倉庫に至るまで、非整備空間や通過困難な空間でのオートメーションを可能にする。同社のポートフォリオには、Spot、Stretch、Atlasの3つのロボットに加え、ロジスティクス向けのコンピュータビジョンベースのロボティクスソリューションPickがある。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム