東急が「複数都市の複数の自動運転車を1カ所で遠隔監視・操縦」する実証実験 運転手不足などの課題解決を目指す

東急株式会社は、静岡県が実施する自動走行実証事業「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」の2021年度事業受託者に決定したことを2021年8月4日に発表した。

同社は、静岡県内で観光列車・観光型MaaSなどの事業を通じた地域活性化、インフラ設備の防災力強化に向け、2019年より静岡県と各種連携協定を締結し、課題解決に取り組んでおり、2020月12月には、伊豆高原駅付近に複数台の自動運転車両を監視・操縦可能な「遠隔コントロールセンター」を設置し、運行する車両の遠隔監視・操縦技術を検証する実証実験を実施。この実験での取り組み内容が、静岡県より将来の社会実装に向けて最も親和性が高いと評価され、今回の受託に至った。

今後は、複数台の自動運転車両を遠隔監視・操縦可能な設備。将来的に複数台の自動運転車両を一人のオペレーターが運行管理を行うことで、運転手不足をはじめとした地域交通の課題解決を目指すとのことだ。

「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」とは
同プロジェクトは、静岡県内各地域が直面する、地域交通の運転手不足や過疎地域などの高齢者への移動支援といった課題に対し、自動運転などの最新技術を用いた実証実験を展開し、地域の交通事業者が新たなモビリティサービスを展開、社会実装することを目的としたものだ。




同実証実験の概要

2021年度事業で実施する同実証実験では、静岡県内の4都市(賀茂郡松崎町、伊東市、沼津市、掛川市)において、複数都市の車両を遠隔監視し、また複数台の車両を遠隔操縦することで、遠隔コントロールセンターのさらなる高度化を目指している。1カ所の遠隔コントロールセンターから複数都市での遠隔操縦をするのは日本初となり、同実験において夜間時間帯の自動運転および遠隔監視・操縦の実施ができるよう向けて、現在、関係者と協議を行っている。同実験では、遠隔監視・操縦の技術を活用することで、バス路線の維持が困難な過疎地域、駅から観光地へのラストワンマイルといった地域交通課題の解決に向けた検証に加え、自動運転車両を観光地のコンテンツとして運行することで地域の活性化を目指すなど、自動運転技術により地域ごとに異なる課題解決に向けた取り組みを推進する。

自動運転車両

遠隔コントロールセンター
▼ 同実験の検証項目(予定)
・ 信号情報との連携による交差点の安全な運行の実現 ※一部交差点のみ実施
・ AI監視カメラと仮設信号の設置による狭隘道路での安全な運行の実現
・ 一般車両との協調による安全な運行の実現
・ 車内に案内システムの設置による乗客とのコミュニケーション円滑化


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム