横浜の「動く実物大ガンダム」はCO2排出量ゼロ、再生可能エネルギー100%の電力で動いてるって知ってた? ハマウィングが電力供給

バンダイナムコグループの株式会社Evolving Gとみんな電力株式会社は横浜市⾵力発電所「ハマウィング」で発電した電力を株式会社Evolving Gが運営する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に供給することに合意し、5月より供給を実施していることを発表した。

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は2020年に横浜市の山下ふ頭にオープンした複合施設。全高18メートルの実物大“動くガンダム”が注目を集めている。既に同施設へ再生可能エネルギー100%の電力が供給され、電力由来のCO2排出量はゼロとなっている。また、みんな電力株式会社は9月より、協賛社として「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に参画していく。


みんな電力を通じてハマウィングの電力を利用開始

バンダイナムコグループは各事業分野において年度ごとにCO2排出量の削減目標を設定し、エコに関する取り組みを通した削減努力を行っている。2020年度のグループ全体の排出量は 2013年度対比約29%の削減となる52,256t-CO2となった。2008年度から排出量管理とともにユニットごとに原単位(従業員や延床面積あたりの CO2 排出量)による管理も導入し、CO2排出量の削減に努めている。2021年4月には脱炭素化社会に向けた目標として「2050年までに自社拠点(社屋、自社工場、直営アミューズメント施設等)におけるエネルギー由来の二酸化炭素排出量実質ゼロ」を掲げ、目標達成に向けた取り組みを推進している。

実物大の“動くガンダム”©創通・サンライズ

みんな電力株式会社は「Zero Carbon Yokohama」を掲げる横浜市に賛同し、2019年より再エネを通じた地域連携施策として電力を供給している。今回、脱炭素社会の実現に共感したEvolving Gの協力を得て、多くのファンを魅了し続けるガンダムとのコラボレーションを実現。自治体のみならず、エンターテイメント業界と連携していくことで、再エネ切り替えに対する社会的関心を高め、気候変動問題の解決に貢献していく。


ハマウィングで発電した電力を「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に供給

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」にはブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステム「ENECTION2.0」を利用して、横浜市⾵力発電所「ハマウィング」で発電した電力が供給されている。「ENECTION2.0」を通じて30分ごとに発電量と需要量をマッチングし、取引として約定。発電所を特定した電力供給を実現している。なお、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は再生可能エネルギー100%の電力でCO2排出量ゼロの事業運営を行っている。

みんな電力の「ENECT RE100 プラン」の電源構成は、FIT電気+再エネ電気で100%。うち、FIT電気分は非化石証書を購入することで再エネ100%を実現する。なお、インバランス発生時など再エネ比率が100%にならない場合があるが、その際も証書によりCO2排出係数ゼロは維持される。

横浜市風力発電所「ハマウィング」は2007年3月に運転を開始した、横浜市の環境行動のシンボル的事業。市民や事業者と連携しながら再生可能エネルギーの普及を進める、都市型立地の⾵力発電所。年間発電量は約210万kWh(一般家庭の年間消費電力量の約 600 世帯分に相当)。定格出力:1,980kW


代表者からのコメント

株式会社 Evolving G 代表取締役 佐々木 新氏からのコメント

実物大“動くガンダム”を通じて、CO2排出量の削減とものづくりを両立し、動かすエネルギーを有効活用することを大切にしたうえでのものづくりの素晴らしさを伝えていければと考えております。

みんな電力株式会社 代表取締役 大石英司氏からのコメント

このたび再エネを通じた横浜市のランドマークの連携が生まれました!脱炭素社会の実現に向けて、再エネ電力への切り替えは非常に有効な手段であり、ご家庭でも簡単にできるアクションです。今回の取り組みが、ガンダムファンの皆さんが再エネや気候危機問題に関心を持っていただくきっかけになればうれしく思います。これからもエンターテイメント業界と力を合わせ、待ったなしの気候危機問題の解決に尽力していきたいと思っています。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム