メルセデス・ベンツ、ZFらがNVIDIAプラットフォームを活用した最新技術を国際モーターショー「IAA Mobility 2021」で紹介

輸送業界は自律走行、電動化、持続可能性の実現に向けて拍車がかかっている。

先週ミュンヘンでドイツ最大の国際モーターショー「IAA Mobility 2021」が開催された。同展示会には大手自動車メーカーに加え、EV(電気自動車)やロボタクシー、バイク、電動スクーター、シェアサービスに至るまで、さまざまなモビリティソリューションを手掛ける企業のエグゼクティブが集結。有力企業がいかに自動車業界に革命的変化をもたらしているか、ひいては消費者行動や、環境行動、社会的行動をいかにより良い方向へと変えていくか、展示会はそれを示す場となった。

展示会ではNVIDIAのオートモーティブ部門バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーであるアリ カニ氏(Ali Kani)が講演し、いかにAIが10兆ドル規模の輸送業界を変革するかを語ったほか、Mercedes-Benz、ZF、ContinentialなどNVIDIAのパートナーが、NVIDIAのプラットフォームを活用した技術を紹介した。


いかにAIが10兆ドル規模の輸送業界を変革するか

会期冒頭ではNVIDIAのオートモーティブ部門バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーであるアリ カニ氏(Ali Kani)も講演を行い、いかにAIが10兆ドル規模の輸送業界を変革するかを語った。その中でカニ氏は車載用ディープニューラルネットワークのトレーニング、テスト、および検証が行われるデータセンターから、その多種多様なAI/AVシステムまで、AV 開発のあらゆる段階でいかにAIが活用されているか説明した。

NVIDIA DRIVEプラットフォームはAVが通りを安全に走れるようになる上で欠かせない極めて重要なレイヤーをすべて処理することができる、とカニ氏は説明した。それにはエネルギー効率の高いAVコンピューターや、センサーアーキテクチャ、データ処理、AVの状況認識、マッピング、コックピット用ソフトウェアのほか、トレーニング、テスト、および展開に必要なインフラストラクチャも含まれる。

アリ カニ氏(Ali Kani)の講演(録画)


メルセデス・ベンツが新型EVセダン「EQE」にNVIDIA DRIVEを搭載

NVIDIA DRIVEのパートナー各社による最新のグリーンテクノロジやコンセプト、イノベーションのデモも行われた。たとえばMercedes-Benzは、コンセプトモデルから高性能な高級サルーンや多目的車まで、同社の最新モデルだけでなく次期モデルも含むEVの全ラインアップを同社が推進する取り組み「Lead inElectric」の一環として紹介した。

EQSモデルの発表からわずか数か月後にこの高級自動車メーカーが公開した新型EVセダン「EQE」は、スポーティなビジネスサルーンとしてEQSの重要なすべての機能をよりコンパクトなフォルムに装備している。使用可能エネルギー容量90kWhのバッテリーを搭載し、満充電での最長走行距離は660km(410マイル)を誇る。またEQEではディスプレイオプションとして MBUXハイパースクリーンが提供されている。ワイドスクリーンパネルは高性能でエネルギー効率に優れたNVIDIA DRIVEプラットフォーム上で動作し、瞬時のAI処理とダイナミックなグラフィックス機能を実現している。

オプションとして提供されるMBUXハイパースクリーン。3つのディスプレイが一体となってほぼシームレスに動作し、横幅141cm(55.5インチ)の一枚のスクリーンユニットを構成する。写真提供:Mercedes-Benz

同社はほかにも、完全電動コンセプトSUVのMercedes-Maybach EQSやコンパクト電気SUVであるEQBなど、数々のEVモデルを発表した。また、IAAの来場者には同社の実用的なオフロードカーの象徴であるGクラスの完全電動モデルとして大いに期待される「Concept EQG」の一端も明かされた。Daimler AGの取締役会メンバー兼Mercedes-BenzのCOOであるマーカス シェーファー(Markus Schäfer)氏は「市況が許す限り、Mercedes-Benzは向こう10年以内に全モデルをEV化する準備を整えるつもりです」と述べた。

メルセデスベンツConcept EQG


ZFがNVIDIA DRIVEをベースとした「ZF ProAI」を公開

主要自動車関連サプライヤーでNVIDIAのパートナーでもあるZFは、同社史上もっとも柔軟性が高くパワフルなスーパーコンピューターである最新の「ZF ProAI」を公開した。NVIDIA DRIVEをベースとしたZF ProAIは最大1,000TOPSを実現するスケーラブルな性能レベルで提供される。前世代と比較してスーパーコンピューターの演算能力が最大66%向上した一方で、消費電力を最大70%削減した「ZF ProAI」は、あらゆる車種、そしてレベル2〜5の自動運転車や自律走行車に対応する。

IAAの会期中、ZFがZF ProAI車載スーパーコンピューターを公開。写真提供:ZFFriedrichshafen AG


創立150周年を迎えたContinental

同じくNVIDIA DRIVEのパートナーであるContinentalは、IAAの会期中に創立150周年を迎えた。ハードウェアからソフトウェアへと軸足を移すことや、いかにクロスドメインの考え方と包括的コネクティビティを車両に取り入れ、自動車業界におけるソフトウェア デファインドの変革で常に先を行くかについて語った。

ContinentalとNVIDIAは、数年にわたり協力関係にある。2020年6月に同社は車載AIシステムをトレーニングするためのスーパーコンピューターを構築し、Continentalの自律走行車開発のパフォーマンスを引き上げることを発表している。このスーパーコンピューターはInfiniBandで接続されたNVIDIA DGX システムで構成される。

自動車業界で広く採用されているプラットフォームであるNVIDIA DRIVEプラットフォームは、自動車メーカーやトラック メーカー、ティア1サプライヤー、ロボタクシー企業、ソフトウェア プロバイダー、センサーメーカー、マッピング会社、AVスタートアップなど、数百に上る企業で幅広く活用されている。

IAAの各種展示ではより高い安全性、利便性、喜びをもたらす自動運転車の開発と生産にNVIDIAの技術が欠かせないことが浮き彫りになった。その成果によって、交通渋滞や有害な排ガス、化石燃料への依存はバックミラーに映すように過去のものとなるだろう。

※この記事はNVIDIAが公表したブログを元に生成している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム