「keenon」(キーンオン)の配膳ロボット新機種「T8」の進化点おさらい!わずか50㎝の通路も走行 テクトレ「1日に2万台以上が稼働中」

商業向けサービスロボットに的を絞り、商業化を前提とし製品開発に臨んでいる「KeenOnRobot(キーン・オン・ロボット)」と販売代理店契約を結んでいるテクトレ株式会社は、KeenOn製の配膳ロボットの新機種「T8」を発売したことを2021年9月22日に発表した。サスペンションの改良、免震トレーの発売、カメラセンサーで料理を検知、音声制御など、配膳ロボットに新機能を追加している。コロナ禍で非接触の環境のニーズが高まっているが、「T8」はセンサーの活用によって、来店客は一切、ロボットに接触せずに配膳を受けることができる。

「T8」は細い通路でも通行可能で、わずか50㎝でも問題なく通れるため、狭い居酒屋などでも活用できるという。keenonロボットには自動運転アルゴリズムを搭載されており、±10mmの停止精度を誇る制御技術はサービスロボット業界ではトップレベルだと同社は語っている。


なお、2021年の7月までに同社が販売した全体のロボットのうち、オンラインで稼働中のロボット台数だけでも、1日に2万台を突破しているという。


新機種T8の新しい機能

新機種では、利用者が料理を取った後に、ロボットが自動的に次のタスクを実行できるようになっている。また、取り間違いへの対応や、料理の取り出しやすさなども改良。音声制御も可能。音声は中国語と英語に対応しており、日本語も準備中だ。


カメラセンサーで料理を取ったかどうかを検知する。

料理を取ったあとにロボットが勝手に次のタスクを実行するので、画面をタップする必要がなくなり、完全無接触となる。




ライトの点灯で料理の取り間違いを警告

目的地に到着すると、料理が載っている段のみパトライトが着くので、取り間違いがなくなる。万が一、違う段の料理を取るとパトライトが赤く点灯し、警告してくれる。




料理がどの方向からも取り出せる

料理の取出し口は300°もあり、どの方向からも取りやすくなった。




声をかけるだけでロボットが動く!

音声制御、言葉をかけるだけでロボットが動く、とうとうこういう時代が来た。現在中国語、英語は対応済みで日本語の対応は準備中とのことだ。




その他の改良点

その他、前方カメラセンサーの可視範囲が広くなり、より安全になった。また、複数台(制限なし)のスケジューリングにより効率よく働くことが可能となる。


■【動画】KEENONロボット免震トレー

■【動画】keenonロボットでカプチーノを


関連サイト
テクトレ株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム