NTTドコモ、光りながら飛行する新型「羽根のないドローン」を発表 アクションカメラで空撮も可能に

株式会社NTTドコモは「羽根のないドローン」において、上空を飛行しながらさまざまな色に光らせることや、高解像度の撮影をすることが可能な新型機体を開発したことを発表した。イベントや商業施設の空間演出などでの活用を想定しており、2021年度内の商用化を目指す。


光りながら飛行する新たな「羽根のないドローン」

2019年に開発した「羽根のないドローン」は、空中を自在に飛行しながら人々の生活をサポートする新たなデバイスの創出をめざして開発された安全性の高いドローン。プロペラや羽ばたき翼によって空中を移動する従来のドローンとは異なり、「羽根のないドローン」はヘリウムガスが充てんされた風船の浮力によって浮遊し、さらに「空気ポンプ」として動作する超音波振動モジュールによって推進力を生み出すことで、空中を移動する。

新型「羽根のないドローン」外観

超音波振動モジュールは人が触っても安全な微小な振動で動作するため、人や物に衝突しても大きなけがや破損につながる可能性が低いほか、飛行時の音も小さく、イベントや商業施設などの人がいる場所での飛行に適している。

超音波振動モジュール(機体両側)

今回開発した新型機体では、新たに搭載したフルカラーLEDによって、空中でさまざまな色に光りながら飛行することが可能になった。また、アクションカメラを搭載することも可能になり、高画質な映像を空中から撮影することもできる。さらに、推進力の向上による安定した飛行のほか、ネットワーク経由での制御も可能となり、自動飛行などのシステム化も容易になった。






新型機体は人々が集まる場所の上空をさまざまな色に光りながら飛び回るドローンショーのような空間演出や、搭載した高画質カメラにより上空から撮影する場面での活用を想定している。


羽根のないドローン新型機体の主な仕様
直径 最大約90cm
最大飛行速度 約20cm/秒
連続飛行時間 約1~2時間
その他 LED による発光
無線通信(Wi-Fi)および制御機能
アクションカメラ搭載可
関連サイト
株式会社NTTドコモ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム