News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

西尾レントオールが「Pepper for Biz」のレンタル事業を開始

main

総合レンタル企業の西尾レントオールが、人型ロボット「Pepper for Biz」のレンタル事業を4月1日より開始することを発表した。

今回のレンタル事業はソフトバンク社公認のレンタル事業。アプリケーション作成もサポートし、Pepperを軸に他のロボットアイテムの拡大も見込んでいる。

「Pepper for Biz」のレンタル事業は、「Pepper for Biz」の利用を検討している企業からの「まずはお客様の反応を見てみたい。」「週末のイベントにのみ使いたい。 」といった短期利用のニーズに応える為に、ソフトバンクと転貸承認契約を締結し実現したもの。人型ロボットで現在最も認知度の高いPepperをキーアイテムとして「ロボットレンタル市場」を構築していく狙い。まずは首都圏で事業展開を進め、 順次 大阪・名古屋等の大都市圏に営業圏を広げていくとしている。

西尾レントオールは展示会で使用するパネルや装飾用の資機材、イベントで使用するテントやステージをレンタルするレントオール事業部門を運営しており、既存顧客にイベント主催者や展示会出展者を抱えている。そのため、同社は、既存顧客に向けてPepperのレンタル提案ができることは「ロボットレンタル事業の新規顧客となるだけではなく、既存事業との相乗効果にもつながっていく」と期待している。

気になる料金プランは、3泊4日のレンタルで1台につき80,000円(税抜)。4日間のうち中2日間をレンタル利用日、前後2日間を設営・撤去日と定めている。また、故障リスクを防ぐため、最低2台からのレンタルとなっている。西尾レントオールは、本事業による売上を、初年度に5,000万円、3年後には3億円と見込んでいる。

併せて同社は、4月1日からのレンタル事業開始を記念して、「Pepper 複数台利用 ハッカソン(仮称)」を東京港区で開催することを発表。複数台のPepperを活用したロボットアプリケーションというテーマでのハッカソンで、開催日は4月2日(土)。参加は無料で、参加受付期間は3月中旬頃を予定している。こちらのハッカソンは、第1回目のPepperアプリコンテスト「Pepper App Challenge2015」でファイナリストに名を連ねたとのさまラボ、そしてナレジックス株式会社が開催をサポートする予定。


▽ 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/

About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム