News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

経済産業省による平成28年度ロボット導入実証事業の二次締切分の採択が発表

2016年8月5日、経済産業省から平成28年度ロボット導入実証事業の二次締切分の採択が発表されました。今回採択されたのは104件(採択一覧はこちら)。

2015年2月に日本経済再生本部において決定された「ロボット新戦略」。こちらは「ロボット革命」の実現に向け、日本が「世界一のロボット利活用社会」を目指すというもの。 

今回二次締切分が採択発表された「ロボット導入実証事業」は、幅広い分野でロボットが活用される社会の実現に向け、ものづくりやサービス分野においてロボットが活用されていなかった領域への、ロボット導入の実証や検証を進めていくための事業。

今回コミュニケーションロボット領域では、以下の6件が採択されました。

日常空間におけるロボット活用
 ・商業施設におけるリアルロボットとバーチャルロボットが連携した館内ナビゲーションの実現(事業者:イオンモール株式会社/SIer:ソフトバンク株式会社)
 ・空港におけるサービスロボット導入実証(事業者:日本空港ビルデング株式会社、SIer:株式会社電通、株式会社電通国際情報サービス)
 ・商業施設におけるインバウンド観光客案内にロボットを導入(事業者:アジア太平洋トレードセンター株式会社、SIer:株式会社タスカケル)

ロボットによる新たなサービスの実現
 ・小売店舗における接客業務にスマホと連携したキャラクタロボットを導入(事業者:株式会社ムービック/SIer:karakuri products)

労働生産性の向上
 ・建設現場の現場管理業務へのロボット導入FS(事業者:前田建設工業株式会社/SIer:株式会社CAMI&Co)

日常空間におけるロボット活用
 ・ホテルのフロント業務のロボット化FS(事業者:水口センチュリーホテル株式会社/SIer:株式会社ゼロプラス、株式会社アルファス)

About the author / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

連載・コラム