【海外の反応】「Pepper合唱団」を見た外国人の反応が重すぎる…w

ロボットパートナーの太田智美さんと、とのさまラボの西田寛輔さんが作った「Pepper合唱団」の動画がアメリカを中心に話題になっています。Pepper合唱団とは、15体のPepperがベートーベンの「交響曲第9番」を合唱するというもの。太田智美さんによれば、今回Youtubeにアップした動画は世界159か国で再生されており、中でもアメリカでの再生数が一番多いとのことです。

pepper_gasshodan-03

アメリカ合衆国からのアクセスが多く、日本からのアクセスは全体の1割にも満たない

一方ニコニコ動画での再生数は日本人の割合が高いようです。では、日本人と外国人では、Pepper合唱団を見た時にどのような反応の違いがあるのでしょうか。

まずはニコニコ動画のコメントを元に、日本人の反応から見ていきましょう。



日本人の反応

pepper_gasshodan-31
記事を書いている2016年4月11日15時半現在、Pepper合唱団に対するコメント数は全部で259。

内訳は「怖い」「こええwww」「:(´◦ω◦`):ガクブル」「こわいわw」といった、ネガティブな意見が全体のうち40個。

「88888888888」「www」「くっそわろたwww」「かわいいやんw」「かわいい」と言った、可愛い・すごい・面白いに属するポジティブな反応が62個。

その他は、「なんて言ってんだwwwww」「音程とかはあってるんだなぁ」「歌詞うろ覚えなんやろ(適当)」「チューニングしっかりしろ」「みんな自分勝手だなw」といった「もっとしっかり歌え」という意見が多く見られました。全部のコメントに目を通しましたが、怖いと言ってる人もしっかり歌えと言ってる人もちょっと笑顔なんだろうな、という印象。



海外の反応

それでは、海外の方々の反応はどうでしょうか。Youtubeからコメントを抜粋していきます。

(※翻訳が間違っている可能性を考慮し、原文も載せておきます)

pepper_gasshodan-05

まるで人類の終焉のように聞こえます。そのような未来が来ることを認めざるを得ません。

pepper_gasshodan-07

日本は奇妙だ

pepper_gasshodan-08

私はロボット君主は歓迎だ

pepper_gasshodan-09

ホラー映画のオープニングとして最高だ!

pepper_gasshodan-10

私は人類が恐ろしい

pepper_gasshodan-19

恐ろしい!!!!!!!

pepper_gasshodan-20

新しい「ターミネーター」は確かに奇妙だ

pepper_gasshodan-21

〜省略〜 …地球の終焉を歌います

なんか重い…。海外の反応は、ネガティブな反応が多く、分類すると「恐ろしい」「奇妙だ」そして「地球終焉します系」の3つ。海外ではロボットやAIに対する恐怖心を煽る記事がよく見受けられますが、それが影響しているかもしれません。また映画が影響を与えている可能性も否めないでしょう。実際コメントでも「ターミネーター」という単語が二度出てきました。

一方海外でもポジティブな反応があります。


pepper_gasshodan-13

私には普通の1年生のリサイタルのように聞こえます。何も不気味ではありません。

pepper_gasshodan-29

日本大好き!

pepper_gasshodan-30

最高にクールだね!

pepper_gasshodan-28

ジャスティンビーバーより上手だね

ということで、海外の方の中にも怖いとは感じずに、ポジティブな反応を示す人たちも見受けられました。ただしこちらは少数派。日本人と比較すると、ロボットに対して怖いという印象を持っている方が多いようです。なぜ日本人の方がロボットに対してポジティブな反応が多いのか。それは、日本ではアニメの影響もあり「友達」という感覚が強いからだと言われています。



Pepper合唱団が「第九」を選曲した理由

もしかしたら、ベートーベンの第九を使ったことも影響しているのでは?

今回の合唱団の企画者の一人である音大出身の太田智美さんに「なぜ楽曲にベートーベンの交響曲第9番を採用したのか。どんな意図があるのか。」と質問をしてみました。

太田智美:私個人の想いをここで語るより、曲の原文を何度も何度も読んだり作者であるベートーベンのことを知ったりその背景にある歴史や音楽文化に触れたりPepperやロボットのことを知ったりしながらそれぞれが考えて解釈してもらえたらうれしいです。例えば、クラシック音楽単体でみても、その音楽について1つの解釈で収まる例はほとんどありません。それは、音楽が聴き手側の文化的背景やその音楽を聴いた場所、状態によって形を変えるものだから。このPepperとの合唱をきいて、「かわいい」と思う人もいれば「こわい」「世界が終わる」と思う人もいるかもしれない。そのどの解釈も間違っていないと私は思います。

予想以上にキチンとした答えが返ってきました。普段酔っ払いなんですけどね。

さて、皆さんは、Pepper合唱団を見て何を感じましたか?

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。