ボルボ・カーズとUberが次世代の自動運転車の開発で提携を発表

スウェーデンの高級車メーカーである「ボルボ・カーズ」と、配車サービスのリーディングカンパニー「Uber」が、次世代の自動運転車の開発において提携することを発表した。

ボルボ・カーズとUberは、ドライバーレスの完全な自動運転までを含む、最新の自動運転テクノロジーの開発に対応できるよう、新しいベース車両を開発するジョイントプロジェクト立ち上げに合意。このベース車両はボルボ・カーズによって生産され、Uberがボルボから購入する形となる。ボルボ・カーズとUberはこのプロジェクトに3億USドル(約300億円)を出資する。

Uberとボルボは、同一のベース車両を自社の自動運転車戦略の次のステップに活用することを目指している。これはUberが自社開発した自動運転システムをボルボのベース車両に適用し、またボルボは同じベース車両を、完全な自動運転を含む、自社の自動運転戦略の次世代車として用いる。

ボルボ・カーズのCEO、ホーカン・サムエルソンは「ボルボはアクティブ・セーフティと自動運転テクノロジー開発のリーダーであり、他に類をみない安全性への信頼性を誇るブランドです。私たちは、リーディングテクノロジー企業の一つであるUberをパートナーとして選んだことをとても誇りに思っています。この提携により、ボルボは自動車産業のテクノロジー革命の中心となるでしょう」と語る。


新しいベース車両はボルボ・カーズの新世代プラットフォームスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA:Scalable Product Architecture)を元に開発される。

SPAは、ボルボ・カーズが2010年に開始した、約1兆円もの投資による構造改革から生み出されたプラットフォームで、最新の自動運転テクノロジーに対応するよう、当初から準備が行われてきた。また、次世代の電気自動車や、コネクティビティ開発にも対応できるように設計されており、これらの”将来の変化に対応できる可能性”にUberが着目したのだという。

UberのCEO、トラビス・カラニックは「毎年100万人以上の人が自動車事故で亡くなっています。これらは自動運転技術により避けることが可能な悲劇です。しかしながら、私たち単独では実現できません。そのためボルボのような自動車メーカーとパートナーシップを結ぶことが重要なのです。ボルボは車両開発のリーダーであり、ことに安全性においてはトップクラスです。Uberとボルボとが協働することで、将来に向けて共により早く進化することができるでしょう」と語る。

ボルボとUberの組み合わせでどこまで質の高い自動運転者が生まれるのか。注目していきたい。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム