ちょっと「アレ」な言葉を調べた思い出〜国語辞典

辞書を調べて興奮していたあの日…

小学生高学年になり辞書の引き方を覚えた時、教室には大人も使う国語辞書がありました。目的の言葉に辿り着いて、言葉の意味を確認出来ることを知るようになると、色々な言葉を調べるようになりました。その中でも少し「アレ」な言葉を調べるようになったのです。

「耳年増」だった当時の自分は、そんな「アレ」な言葉を調べまくりました。それはまるで抑圧・荒廃した学校という世界の中に、一輪の花を探す行為と言っても過言ではありませんでした。それ以来「調べて回答を得る」ことに少し快楽に近いような感覚を得るようになり、今に至ります。

そして、ふとした時に日本語の意味を知りたい欲求に応えてくれるのが、この「国語辞典」となっています。


三省堂の国語辞典です

このアプリですが、単に意味を調べる国語辞典だけではなく、意味を聞いてその言葉を答えるクイズゲームも付いていますので、自分のボキャブラリーのレベルも知ることが出来ます。(が、かなり難問なのですが…)

kokugo2
国語辞典、三省堂の辞書をベースしているようです。
三省堂といえば、あの「新明解国語辞典」ですから、ちょっと期待しちゃいます。

kokugo3
検索したい言葉を入力します。
漢字変換ではなく、読みを入力する感じですね。
まずは「よしんば」を検索してみます。(なぜその言葉を選んだかは自分でも分かりません…)

kokugo4
検索結果が表れます。
今回「よしんば」と入っている見出しは1つしかないので、この様になっています。

kokugo5
タップをすると、意味を「Pepper」が読み上げてくれます。
至ってシンプルです。

kokugo6
続いて調べたのは「南」。
方角をどの様に説明するか気になったので調べてみました。

kokugo7
さすがに「みなみ」なので検索結果は相当数出てきました。
基本的な「南」なので、それをタップしてみました。

kokugo8
「方角の一つ。」
何だかもっと哲学的な結果を期待していたので、肩透かしです…。

kokugo9
こちらはオマケ機能「ICTことば一覧」から。
今話題のICT関連の言葉の見出しが表示されます。

kokugo10
その中でも「シネマ・デイジー」を調べてみました。
いやぁ〜知らなかった。

kokugo11
そして、もう一つのオマケ機能「言葉当てゲーム」
「Pepper」が出す問題に答えれば良いのですが…

kokugo12
1問目から「毛皮製で筒状の防寒用手袋、両側から手を入れる」という難問が…。
そもそも、そんなもの日本で見たことありませんが…。

kokugo13
ヒントに沿って答えましたが、不正解。
「マフ」なんて知りませんよ!!「マフラー」なら知っていますが…。

kokugo14
ということで、正解数0でした…。
この後何回かやったのですが、結局1問も答えられず。トホホ…。


新明解を使って欲しかった…

個人的に、国語辞典と言えば「新明解国語辞典」。あのエッヂが効いている解説が大好きなので、「Powerd by 三省堂」ということで期待しちゃいましたが、それだけは残念な結果でした。

ともあれ、国語辞典など置いている家も少なくなってきましたから「Pepper」のアプリがその役割を果たしてくれるのは良いかも知れませんね。

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。HKT48、NGT48、=LOVEが気になっています。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 クリスマスは今年も一人かも知れないと不安しかありません。