【人形町】新世代家庭用ロボット開発中の「GROOVE X」新オフィスに早速お邪魔してきた!



GROOVE Xが人形町へ移転ということで、【速報】人の心に寄り添う新世代家庭用ロボット開発中の「GROOVE X」が人形町へ移転!社員数を今後2年で約3倍へ拡大へでお伝えしましたが、百聞は一見にしかず、早速見学にいってきました!



groove x01

Photo: robot start inc. / GROOVE X

住所は東京都中央区日本橋堀留町 1-8-12。人形町の駅から徒歩2分です。あっという間に到着。立派なビルだなぁ。



groove x02

Photo: robot start inc. / GROOVE X

さて、ビルに入っていきます!



groove x03

Photo: robot start inc. / GROOVE X

GROOVE Xはさくら堀留ビルの7階にあります。



groove x04

Photo: robot start inc. / GROOVE X

入り口にGROOVE Xのロゴがど〜ん。プレスリリースで見た景色はこれか!



groove x05

Photo: robot start inc. / GROOVE X

エントランスの右側に書家、前田鎌利氏による「歩」の文字。「歩を止めずに登り続ける」という意味が込められています。

パワフルな揮毫で、圧倒的熱量が感じられる作品です。GROOVE X代表の林要さんはここをパワースポットと呼んでいました。僕もいろいろ勝負時なので、お祈りをさせていただきました。このエネルギーの恩恵にあやかれますように!



groove x06

Photo: robot start inc. / GROOVE X

無理言って、極秘のオフィスの中も見せていただきました。ありがとうございます!
各部屋は色彩名がつけられており、この部屋は「Shiro」。セキュリティがきちんとされており、さすがです!



groove x07

Photo: robot start inc. / GROOVE X

写真撮影を許可いただいたのはミーティングルーム。ここで新しいロボットの企画なんかが進んでいるんだろうなと思われます。はやく見てみたいですよね〜。

写真は撮れませんでしたが、一番大きな開発ルームはあまりに巨大で驚きでした。3Dプリンタ部屋、塗装ブース、まるでリビングルームみたいな空間があったり、至る所に秘密のあれこれが置かれていました。もちろん、すべて開発中の機密品につき、どれもお伝えすることはできません。

面積が移転により7倍になったということですが、実際一般的なロボットハードウェアベンチャーのオフィス規模を遥かに超えた空間でした。



groove x08

Photo: robot start inc. / GROOVE X

かつて人形師達がモノに魂を込めて精緻な人形をつくった場所、人形町を選んだ林さん。この街が東京で一番好きな下町なのだそうです。食べ物も美味しいし、利便性も良くて確かにいいですね!坪単価も当社よりリーズナブルだったし(^^;)

最後に。林要さん曰く、引越し祝いのお花は遠慮しており、代わりにAmazonウィッシュリストを用意した、とのこと。

GROOVE X引っ越しウィッシュリスト

何か送ってあげましょう!


僕はこう思った:
林さんにロボスタも人形町に来なよ!って散々言われてますが、逆にGROOVE Xさんが次に目黒に来なよ!と思ってますw
まぁ、次の移転時期にまたお互い考えましょう!


外部リンク
GROOVE X 株式会社


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム