女性向けの男性型セックスロボットが登場する日も近い?・・・いや、既に登場していた。

イギリスのDaily Star Online誌が女性向けの男性セックスロボットについて報じた

「人造の男性器を持つ男性型セックスロボットは、バイブレーターより優れており究極の快楽体験を提供するだろう」とのこと。


male sex robot01

Photo: Abyss Creations LLC. – REALDOLL2 MALE

高級セックスロボット開発会社のCEOは「男性セックスロボットであれば、女性の望むような、より速く、より遅く、持続時間も自由に反応させることができる」と語っている。


male sex robot02

Photo: Abyss Creations LLC. – REALDOLL2 MALE

またセックスロボットに関する情報を追いかけてきたDaily Star Onlineのスタッフも語る。「男性型セックスロボットは部屋を移動できるようになるだろう。女性が望む時間、望むように腰を振ってくれるだろう。踊れるぐらいには動けるようになる。会話もできるようになるはずだ。それは女性にとって必要不可欠な要素だからだ。」


male sex robot03

Photo: Abyss Creations LLC. – REALDOLL2 MALE

マーストリヒト大学の人工知能研究者、デヴィット・レヴィ博士も男性型セックスロボットは女性が買うようになると語る。「格好の良い男性型サイボーグは、バイブレーターよりも魅力的になるはずだ。将来、女性が男性と同様にセックスロボットを購入することになると確信している。性的な玩具を購入する人は非常に多いことからもそれは間違いはないことだ。」


realdoll

Photo: Abyss Creations LLC. – REALDOLL2 MALE

なお、実際Abyss CreationsのREALDOLL2のラインナップにはすでに女性向けの男性型セックスロボットが多数存在している。

僕はこう思った:
試しに、現状のREALDOLL2の男性型セックスロボットの見積もりをとってみたところ、日本円でおよそ70万円でした。決して安いものではないし、仮に安くても置き場に困るだろうし、それほど売れるものではないように思います。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。