「第1回 農業IoTアワード」1粒1,000円のイチゴ生産の株式会社GRAがグランプリ受賞

3月28日(火)「第1回 農業IoTアワード」の最終選考会が開催された。農業IoTアワードは、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に「農作物栽培において、IT/ICTおよびIoTを活用した取り組み」を広く公募し、優れた取り組みに対して表彰するものだ。ソフトバンクグループ傘下のPSソリューションズ株式会社が主催した。



書類選考を勝ち抜いた9団体が最終選考会にてプレゼンテーションを行い、この内容を選考委員が総合的に評価。結果、株式会社GRAが「第1回 農業IoTアワード グランプリ」に輝いた。

株式会社GRAは伝統的な職人の技を定量的に分析し、IoTを活用したイチゴ栽培に取り組んでいる。同社が生み出した、1粒1,000円の高品質のいちご「ミガキイチゴ」は「自然・IT・職人に磨きぬかれたイチゴ」というコンセプトの通り、職人技とIT技術の活用により生み出されたものだ。

職人による栽培過程の定量化に加えて、映像を活用した研修による新規就農者の育成など、農業における先進的な取り組みが評価された。

PSソリューションズは、同アワード開催を通じて、農業が抱える課題解決に資する科学とITを駆使した先進的な取り組みを支援し、周知させることで日本の農業の発展に貢献できればと述べている。


▽表彰カテゴリー

【グランプリ】
・農業IoTアワード      株式会社GRA

【最優秀賞】
・最優秀農業生産者賞     株式会社GRA
・最優秀地方自治体賞     与謝野町
・最優秀農業協同組合賞    JA栗っこ
・最優秀事業モデル賞     株式会社ヤマタネ
・学術研究奨励賞       北海道士幌高校

【特別賞】
・選考委員会特別賞      宮崎県立農業大学校 テラスマイル株式会社
・協賛企業特別賞       デザミス株式会社 Listenfield Co.,Ltd.
・ベストプレゼンテーション賞 デザミス株式会社

 

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム