Amazon EchoとAlexaの歩みを時系列でまとめてみました

スピーカー型の音声アシスタント端末、Amazon Echo。発売されたのは2014年11月6日でした。Amazon Alexaはアマゾンが提供するクラウド音声認識サービスで、Amazon Echoはスピーカー型の音声アシスタント端末です。


こちらがAmazon Echo(の箱)です。

Amazon EchoとAlexaに関して調べてみると色々なニュースがありましたので、整理するために時系列でまとめてみました。




2014年



2014年11月6日

・アメリカでAmazon Echo販売開始。本体価格は199ドル(プライム会員は99ドル)

全てはここから始まりました




2015年



2015年06月25日

・Alexa Skills Kitと呼ばれるSDKの提供を開始(英語)

・総額1億ドルに上るAlexaファンド開始(英語)




2016年



2016年1月

・Skillの数が130を突破(英語)



2016年3月

Amazon Echo DotAmazon Tap販売開始

写真左がAmazon Tapでバッテリー内蔵で持ち運び可能。写真右がAmazon Echo Dotでタップすると起動するミニサイズです。



2016年5月

・AlexaをWebブラウザで使えるサイト「Echosim.io」が登場

これで実機が無くてもAlexaを試すことが出来るようになりました。



2016年06月3日

・Skillの数が1,000を突破(英語)



2016年9月14日

・Alexa Echoがイギリスとドイツで販売&利用開始(英語)
・Alexa Skills Kit(SDK)が英国・ドイツに対応(英語)

アメリカ以外の国で初めての対応でした

・AlexaがAmazon Fire TVに搭載(英語)



2016年10月

・Alexaチームで400人を求人



2016年10月29日

・賞金10万ドルのソーシャルbot開発コンテストAmazon Alexa Prize開催(英語)
・米Amazonが「Music Unlimited」開始

Alexaによる音声コントロールに対応した定額制音楽サービスです。



2016年11月

・販売台数500万台を突破と報道(英語)



2016年12月

・Skillの数が6,000を突破(英語)




2017年



2017年1月

・Skillの数が7,000を突破(英語)

・CESでFord Motor Company、Lenovo Corporation、LG Electronics Incorporatedなど、700ものAlexa搭載デバイスが発表



2017年2月

・Amazon、音声アシスタント「Alexa」の言語サービスを英国とドイツに拡大

Alexa Voice Service (AVS)の英国、ドイツ対応です。

・Skillの数が10,000を突破(英語)



2017年3月

・Amazon Alexa、個人を識別する音声認識機能を開発中?
・ロボット掃除機ルンバ用スマホアプリが機能向上「Mapレポート」「Amazon Alexa(米国のみ)」に対応へ
・AI音声アシスタント「Alexa」が、Amazonスマホアプリで使えるように



2017年4月

・Amazonが初のカメラ付きAlexaデバイス「Echo Look」を発売!セルフィーやファッションチェックに対応!

カメラ搭載ということは、画像認識関連でも色々なことが出来るようになり、skillの幅が広がりそうですね。

・Amazon Alexaの発話システムがSSMLに対応!より自然な発話制御が可能に

ささやくような発話など、5つの新しい追加機能に対応しました。

・ディスプレイ搭載のAmazon Echo次期モデル画像がリーク!

ついにディスプレイ搭載Amazon Echoが発売されるのでしょうか?

時系列でざっと追いかけてみました。対応デバイスの数、skillの数、サードパーティの対応が着々と増えてきていますね。早く日本語対応版を触ってみたいです!


ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。