ジュピターテレコム(J:COM)がAI音声認識スピーカーの発売を目指す方針を発表

ケーブルテレビ事業をジュピターテレコム(J:COM)がAI音声認識スピーカーの発売を目指す方針を事業説明会で明らかにした。

来月、Amazon AlexaやGoogle Homeなどの実験スペースを社内に設置し、AI音声スピーカーを活用したビジネスの検討を進める考えだ。同社サービスマンが各家庭に設置するサービスをビジネスとして提供する検討も行う。

日本国内では、シャープが音声認識ホームアシスタントのデモをイベントで展示、LINEがクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」と、それを搭載した「WAVE」を今夏に発売予定、NTTドコモが音声アシスタント製品への参入を一部メディアが報じており、アメリカ同様AI音声認識スピーカー(スマートスピーカー)領域に注目が集まっている。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム