ドローンとAI技術を組み合わせて警備・設備点検業務の完全自動化をめざす、ソーラーパネルの異常を空から自動で発見・報告する実証実験を開始

ビジネス分野でのドローンは、警備や設備点検での利用が拡大している。
設備点検やメンテナンス業務では、確認しにくい建物の屋根、橋梁、壁など、ドローンに搭載したカメラによって異常がないか確認する。
その業務を更にすすめ、AI関連技術と組み合わせ、ドローンによる点検等の業務を完全に自動化しようとする動きがある。
ブイキューブロボティクスとデータセクションだ。

ドローンの業務活用への期待は様々な分野で高まっているものの、現時点ではドローンの操縦や撮影された映像の確認作業は人力で行われており、業務効率化という点ではまだ課題解決には至っていないとみている。ドローンを活用した業務用ソリューションを展開しているブイキューブロボティクスは、この課題を解決するために、ディープラーニングを活用した映像解析の商用化実績があるデータセクションと連携し、警備・設備点検業務の自動化を更に進めるサービスの実現に取り組む。




具体的な取り組みとしては「ドローンで収集した映像を解析し、設備や施設の異常箇所を自動で検出。異常が検出された位置情報と問題の種類をレポーティングするサービスを共同開発する。その第1弾は「メガソーラー(大規模太陽光発電施設)の点検業務」。2017年内の商用化を目指してその実証実験を開始した。



共同開発するサービスのイメージ

実証実験中のメガソーラーの点検業務では、定期的にドローンを航行させて映像を収集・解析し、無人かつ早期にソーラーパネルの故障検出することで、点検業務の効率化を図る。現時点ではパネル識別と異常個所の検出を実現しており、更なる精度向上に向けて開発中だ。

赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所

さらに、ブイキューブロボティクスの持つ全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」と組み合わせることで、警備・設備点検業務の完全自動化も検討とのこと。

今後は、人件費のかかる作業である、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路等の点検や人手の及ばない場所などの調査、また、全自動運用ドローンシステム「DRONEBOX」と組み合わせて、警備・設備点検後有無の完全自由化を目指すと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム