SONOSからAmazon Alexa搭載スマートスピーカー「Sonos One」登場!

これが噂のSONOS製Amazon Alexa対応スマートスピーカー?」でお伝えしていた新スピーカー、噂通りに10月4日に発表されたので改めて紹介したい。



Photo: Sonos

コンセプトは「音楽好きのために作られたスマートスピーカー」。現在予約受け付け中で199ドル、10月24日に出荷予定となっている。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開。

サイズは、161.45mmx119.7mmx119.7mm、重さは1.85kg。

トップパネルはEchoとは若干異なるデザインになっている。

本体の後ろにEthernetポートがあるのも他社にない特徴で、無線LANが不安定でも有線LANで使えるのはありがたい。

新型Echoと比較して、価格は倍、サイズも若干大きく、重さは倍以上という違いがある。



Photo: Sonos

Amazon Echoやその他Alexa搭載デバイスよりも音質に特化して作られているのが特徴。

49に及ぶ音楽サービスが利用可能、マルチルームリスニング対応、2つのSonos Oneを組み合わせたステレオ再生などがこだわりポイント。

またハードウェアとしてもアンプ・ドライバー・音響アーキテクチャなどこだわり抜いたスピーカー設計になっているという。

マイクは6つ内蔵され、どんなに音楽の音量が大きくても人間の声を聞き取れるように配慮されているという。



コンセプトムービー、プロダクト紹介動画も公開されている。


僕はこう思った:

音質にこだわったスマートスピーカーも、増えてきました。

Apple HomePod、Google Home Maxよりは低価格なSonos、どこまで売れるか注目です。



外部リンク
SONOS / The new Sonos One


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム