【Lynky】Google Assistant搭載のタッチスクリーン端末がクラウドファンディングに登場!

やっぱり画面があった方が良いよね。

クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で何とGoogle Assitantが搭載されているタッチスクリーンスマートハブを見つけましたのでご紹介!

まだ本家もスクリーンが付いている端末を発表していないのに無理しやがって…。

そのスマートハブの名は「Lynky(リンキー)」。なんかキラキラしていますよね。名前はキラキラしていますが、内容は結構使える感じがしてなりません。

フォルムは選べる2タイプ

中身ももちろん興味深々なのですが、「Desktop Version」と「Wall Version」の2タイプのフォルムが用意されています。


Indiegogoサイトから抜粋

「Desktop Version」はその名の通り、机の上に置くようなモデル。「Amazon Echo Show」はこの感じですよね。


Indiegogoサイトから抜粋

もう一つは「Wall Vertion」つまり、壁掛けです。家の中のデバイスをコントロールするならば、各部屋の壁にかかった方が便利ですし、場所も取りませんよね。Google Assitant搭載ならば声でコントロールも出来ますし。



気になるスペックは?

Indiegogoサイトから抜粋

発表されているスペックですが

画面:5インチ タッチスクリーン
解像度:1280X720
音声アシスタント:Google Assitant
マイク:遠方場マイクロフォンアレイ
スピーカー:2Wステレオスピーカー
CPU:クアッドコア Cortex-A7 プロセッサー
システム:カスタマイズLinux
無線:Wi-Fi、Zigbee(近距離無線通信)、Bluetooth
サイズ:約13.8cm X 約11.3cm X 約6.5cm (Desktop Version)
    約13.6cm X 約11cm X 約1.3cm(Wall Version)
電源:DC5V 2.1A (Desktop Vertion)
   100-240V AC 50/60 Hz(Wall Version)

てっきり同じ型なのかと思ったら、微妙にサイズが違ったり電源が違ったりするんですよ。恐らくデスクトップバージョンは電源アダプターが付いていて、Wall Versionは電源コードが出ている感じかと。

スペックを見ると通常使う分には問題無さそうですね。



オープンAPIとIFTTTもサポート

もう一つ特徴的なところは、IoTハブとしての機能も十分に持っていること。オープンAPIを持っているためデバイスメーカーが「Lynky」と接続することが出来るように用意をしているとの事。そこまで考えられているのです。

Indiegogoサイトから抜粋

そうなんです、IFTTTもサポートしているのです。200以上のサービスと簡単に連携というのもありがたい!



Indiegogoサイトから抜粋

もちろんスマートフォンアプリも用意されています。遠隔で家の状況が分かったり、各種デバイスをコントロールすることも可能です。外出先だとやはりスマートフォンの操作は必須ですからね。



何より驚きの金額!

Indiegogoサイトから抜粋



ここまで色々見てきましたが、一番驚いたのは「Lynky」の金額。
原稿執筆時で最安値が99ドル(約1万円、アーリーバード・限定100)。定価であっても149ドル(約1万5千円)です。ちなみにEcho Showは229ドル(約2万3千円)ですから、チョット驚きですよね。

目標金額の14%しか原稿執筆時点では集まっていませんが、無事に成立すると2018年1月には出荷される予定となっています。

果たしてそのタイミングまでに本家Googleが画面が付いているデバイスを発売するのか気になりますが、お買い得というのは間違いないですよ!


ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。HKT48、NGT48、=LOVEが気になっています。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 クリスマスは今年も一人かも知れないと不安しかありません。

PR

連載・コラム