【音声ショッピング】世界最大の家電量販店「Best Buy」がAmazon Alexaスキルをリリース

2017年11月3日、家電量販店「Best Buy」がAmazon Echo向けのAlexaスキル「Best Buy」をリリースした。




Best BuyのAlexaスキル

Best Buyは既にGoogle Home / Googleアシスタント向けの音声ショッピングが発表されていたが、今回Amazon Alexa向けの音声ショッピングスキルが発表された。


音声ショッピングを行うためにはBest Buyアカウントが必要だ。これにより配送先、支払い方法などを音声でやり取りする必要がなくなるからだ。



Photo: Amazon


外部リンク
Alexa Skills / Best Buy

まずBest Buyと話すとAlexaに伝えるところから音声ショッピングがスタートする。日替わりのセール商品を教えてもらうことも可能だ。コマンド例は以下の通り。

Alexa, talk to Best Buy
Alexa, ask Best Buy about the Deal of the Day
Alexa, ask Best Buy to research products

まだ機能は十分ではなく、Best Buyとしては引き続き顧客満足度の高い価値ある新しい音声ショッピング機能を模索していくという。

アマゾンCEOのジェフ・ベゾスもこのスキルの登場を歓迎している。ひとつのスキルの登場でベゾスCEOがツイートするのは異例であり、このスキルの期待が高いことが伺われる。





リアル店舗での体験コーナーも

Photo: Best Buy

スキルとは別に、Best Buyはリアル店舗で「Amazon Alexa And Google Home Experiences」と呼ぶスマートスピーカー販売コーナーを開設している。年内までに700店舗に展開予定で、米国では本格的にスマートスピーカーの販売に力が入れられているのがわかる。

ただ商品を並べているだけでなく、専門の説明員が説明してくれるはもちろん、インストールやセッティングまで支援してくれる。またスマートスピーカー本体だけでなく、音声で制御できるスマートホーム向けIoTデバイスも併せて展示・販売されている。



僕はこう思った:

リアル店舗でスマートスピーカーを販売し、家に設置されたスマートスピーカーから買い物を受け付けられるようにするというBest Buyの戦略は、わかりやすくていいですね。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム