ロボットが5種参戦! 福岡で学生向け「ロボットアイデアソン」が来年1月開催、福岡市や北九州市も協力

来年1月12日(金)、13日(土)の2日間、福岡で学生向けのロボットアイデアソン「ぼくらの未来創世物語」が福岡銀行の本店で開催される。通常ロボットのアイデアソンというと、1種類のロボットを活用したものが多いが、今回のイベントには5種類のロボットが並ぶ。一挙にロボットを体験できる機会でもあり、参加者にとっては有意義なアイデアソンになるだろう。

参加資格は18歳以上の学生のみとなっている。大学生や大学院生、高専生、専門学生が対象になり、最優秀賞を獲得したチームには10万円が贈られる他、各企業賞・ロボット賞なども準備されている。参加は5名編成のチーム制だが、個人参加も可能。個人参加の場合には、事前説明会でのチームビルディングなどを通じてチームに振り分けられるのだという。申し込み期限は12月25日(月)。


アイデアソンのテーマは、企業の課題をロボットで解決すること。「福岡銀行」、「西日本鉄道」、「福岡放送」という地元の大企業3社に福岡市の「防災共創プラットフォーム」を加えた4つの組織が提示する「事業課題」や「新規事業」をロボットで解決・創造するアイデアを考えていく。

参加者はチームとなり、いずれか1社を選択し、その企業に合ったアイデアを考案。5種類のロボットは、複数種・複数台使っても構わないのだという。



ロボットは、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」、シャープの「RoBoHoN」、MJIの「Tapia」、ヴイストンの「Sota」、ドーナツ・ロボティクスの「CINNAMON」の5種類。初日には、これらのロボットのデモンストレーションも予定されている。

今回のイベントは「ハッカソン」ではなく「アイデアソン」であるため、技術力やロボットの事前知識は不要だ。なお、事前説明会が、福岡会場及び北九州会場で設けられている。事前説明会の日程は以下の通り。

事前説明会の日程

11月18日(土) 13:00 – 16:00 第1回 福岡会場
11月25日(土) 13:00 – 16:00 第2回 北九州会場
12月02日(土) 13:00 – 16:00 第3回 福岡会場
12月09日(土) 13:00 – 16:00 第4回 北九州会場
12月16日(土) 13:00 – 16:00 第5回 福岡会場

今回のイベントは、ロボットのソフトウェア開発企業「システムトランジスタ」を中心とした、地元に拠点を置く同イベントの実行委員会が主催する。福岡市・北九州市・西日本新聞社が後援をしており、協力企業にはJR九州や麻生グループといった地元の企業も並ぶ。また、審査委員長は「味の明太子 ふくや」の川原正孝会長が務める。

福岡全体を巻き込んだロボットアイデアソンでどのようなアイデアが生まれるのか。今から楽しみだ。

▽ イベント公式HP
http://www.roboeve.com/

▽ 申し込みURL
https://bgene.connpass.com/event/70988/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム