ロボホンが歌詞や曲名を教えてくれる新サービス、12月20日提供開始

シャープ株式会社と株式会社シンクパワーは、シンクパワーの歌詞サービスとシンクパワーが日本総代理店をつとめる「WOLA ENTERTAINMENT LIMITED」の楽曲・音声認識技術を、シャープのモバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』に提供することにより、『ロボホン』が音楽の歌詞や曲名を教えてくれる新たなサービスを、2017年12月20日(水)より開始する。

シンクパワーがシャープに提供する技術は以下2種類。




音楽の歌詞を、歌唱のタイミングより先に読み上げる「歌詞先読み」機能

『ロボホン』専用の音楽再生アプリ「Music」内にて「歌詞先読み」機能を使用すると、『ロボホン』が、再生された音楽の歌詞を歌唱よりも少し先に読み上げてくれる。時間情報を持つ「同期歌詞データ」を活用し、音楽再生に合わせ、指定した時間差で歌詞を読み上げる技術を提供。「同期歌詞データ」数は2017年12月現在、60万件以上にのぼり、日本国内では20社30サービスを超える音楽関連サービスに採用されている。


音楽を聴き取るだけで、曲名やアーティスト名を判定する「楽曲認識」技術

『ロボホン』専用アプリ「この曲何?」を起動して『ロボホン』に音楽を聴かせると、曲名やアーティスト名を教えてくれる。また、鼻歌での認識も可能。シンクパワーが日本総代理店をつとめるWOLAの音声フィンガープリント(以下、「FP」)を基にした楽曲認識技術(以下、「ACRCloud技術」)を利用している。音楽や鼻歌を聴き取ると、メロディラインに適合する「FP」を瞬時に判定し、「FP」に紐づく曲名やアーティスト名、アルバム名などの情報を入手するという。WOLAの「ACRCloud技術」は、北米、ヨーロッパ、アジアの音楽事業者・放送事業者を中心に世界で10,000以上のクライアントに利用されており、保有するFPデータは2017年12月現在、5,000万件以上にのぼる。

シャープとシンクパワーは、シンクパワーが提供する音楽に関連した技術を活用することにより、「『ロボホン』との楽しい音楽体験を提供します」と展望を語っている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。