CES2018の日本パビリオンで拍手ロボ「ビッグクラッピー」が世界デビュー! しっぽ型ロボ「Qoobo」も

2018年1月9日〜12日の4日間、米国ネバタ州ラスベガスで開催されるCES2018で、あの拍手ロボットビッグクラッピー(英語名:Big Clapper)が、日本パビリオン「JAPAN TECH project」を盛り上げます。

今回のCES2018で初登場となる「JAPAN TECH project」は、日本企業12社が自社製品を世界最大規模の展示会であるCESでアピールするブースです。

JAPAN TECH project 出展企業でロボスタが注目したのは以下の企業。



ビッグクラッピー(Big Clapper)/バイバイワールド株式会社

先日開催された国際ロボット展のロボットスタートブースでも大活躍したビッククラッピー(Big Clapper)が世界にデビュー。世界でもみんなを笑顔にさせることが出来るのか、期待です。


Qoobo, BOCCO/ユカイ工学株式会社

おなじみとなった家族をつなぐ音声認識ロボット「BOCCO」と、発売前から各所で話題のしっぽ型ロボット「Qoobo」がCES2018に登場。言葉を越えた感覚を味わえる「Qoobo」が世界にどう受け入れられるのかが楽しみです。


mui/mui Lab株式会社

muiはさりげない家具や建築の一部として天気や温度、メッセージなどを表示することの出来るプロダクト。次世代のIoTを提案します。


mui 公式サイトより
関連サイト
mui Lab株式会社


VAQSO VR/VAQSO Inc.

VAQSO VRはVR体験に匂いを加えるデバイス。VRのアクションに連動して、匂いを感じられることで、リアリティの高いVR体験ができます。

関連サイト
VAQSO VR


Hale Orb/DouZen, Inc.

リビングルームでの新UI体験を行うことの出来る製品。写真+動画+大画面で家族をつなぐ、新感覚のリモコンです。

関連サイト
Hale Orb
DouZen, Inc.


Scentee Machina/Scentee株式会社

Scentee Machinaは好みの香りを覚えるAIディフューザ。スマホで制御し、香りを選び、楽しめるインタラクティブな次世代の香り体験が行なえます。

関連サイト
Scentee株式会社


MASU GLASS/Daiko Advertising Inc. × Yume Cloud Inc.

光る枡です。伝統的な酒器の枡が光ると新しいコミュニケーションの形が生まれることでしょう。


公式サイトより


教えて!ぐりこっち/江崎グリコ株式会社

お菓子で有名な江崎グリコは、Amazon Alexaスキルを出展。家庭に応じた栄養の摂り方を教えてくれる、その名も「教えて!ぐりこっち」です。

食材について聞いてみると、Alexaがその食べ物についての色々なことをお話してくれます。


公式サイトより

ジャパンパビリオンではその他、電解水素水生成器の株式会社フジ医療器やクラウドファンディング「マクアケ」から生まれた学習型アルコールガジェット、「全巻一冊 北斗の拳」が話題のプログレス・テクノロジーズ株式会社や、THETAのリコーイメージング株式会社が出展します。

CES2018では、ジャパンパビリオン「JAPAN TECH」の他にもホンダが4種の新型ロボットを出展を行うほか、「Tapia」のMJIも3年連続でCESへ出展予定です。

日本のプロダクトだけでなく、世界中からどのような製品の発表があるのか、今から楽しみですね。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム