McAfeeがホームセキュリティ向けAlexaスキルを発表

2018年2月26日、McAfee(マカフィー)がスペイン・バルセロナで開催のMWC(Mobile World Congress)2018において、ホームセキュリティのための新しいAmazon Alexaスキルを発表した。


McAfeeのAlexaスキルは、家庭内ネットワーク上のインターネット接続デバイスを確認したり、ペアレンタルコントロールを制御できるという。


「McAfeeに現在オンラインのデバイスの数はいくつ?」
接続されたデバイスの数を確認し、さらに新しいデバイスが接続されると通知を受けることができる。

「McAfeeにネットワークをスキャンして」
家庭内のデバイスをスキャンし、脆弱性が発見されたデバイスがあれば通知を受け取ることができる。
また、ボットネット攻撃がわかった場合、攻撃をブロックし、Alexaとスマホアプリに通知する。

「McAfeeにネットワークの状態を教えて」
ホームネットワークに接続されているすべてのデバイスの状態を知らせる。

「McAfeeに(デバイス名)をブロック/ブロック解除して」
指定したデバイスをブロックまたはブロック解除が指示できる。

「McAfeeに(子供の名前)のインターネットを一時停止して」
個人またはグループ単位で、必要に応じてインターネットへのアクセスをブロックすることができる。

このスキルは現時点ではまだリリースされていないが、McAfee Secure Home Platform対応ルーター(D-Link AC2600 McAfeeなど)の利用者はまもなくこのスキルが使えるようになる予定だ。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム