「日本人はやはり礼儀正しい」Echoの一般販売開始で、Amazonが過去4ヶ月を振り返る

本日3月30日午前1時より、「Amazon Echo」「Echo Dot」「Echo Plus」のスマートスピーカー3種の一般販売が開始された。出荷は4月3日が予定されており、その同日から全国の家電量販店1000店舗以上で、店頭販売が開始される。

販売前日となった昨日(3月29日)、アマゾンジャパンが報道陣を集めて事前説明会を開催。昨年11月の招待販売開始から、本日一般販売開始までの約4ヶ月間を振り返り、利用スキルのデータやその進化の軌跡を紹介した。



スキル数は600超え、4ヶ月で2倍以上に

説明会会場には、現在公開中の600を超えるスキルを網羅したパネルが展示されていた

Amazon Echoが招待制での販売を開始したのは昨年11月15日のこと。世間を驚かせたのは、発表と同時にすでに265ものスキルが開発されていたことだった。発売前に水面下で各社にアプローチし、ニューススキル、スマートホームスキル、ゲームスキルなどあらゆるジャンルのスキルを揃えていたのだ。この発売後から、Alexaのスキル開発は多くのエンジニアにとって気になる分野になったことだろう。実際にアマゾンジャパンが主催したイベントなどで、勉強会やビジネス説明会に参加した人数はすでに1000名を超えるのだという。


先週からは公式のオンラインセミナーである「Alexa道場」も開始され、自宅にいながらスキルを学ぶことができるようになった。


パネルには「ロボスタ」のAlexaスキルも

そんなAlexaスキルは現在その数を600以上まで伸ばしている。11月15日からおよそ4ヶ月間で、2倍以上のスキル数になった計算だ。とはいえ、米国のAlexaスキル数である「3万」という数字には程遠い。米国では、Alexa対応のスマートホームデバイスがすでに1200ブランドから4000商品販売されているといい、Alexaがいかにマーケットにとって無視できない存在になっているかがわかる。

日本でも米国と同じように、本日の一般販売を機に数多くのスキルが新たに生まれてくることだろう。



スキルの利用データで、ライフサイクルが見えてくる

アマゾンジャパン・Alexaビジネス本部 本部長の柳田晃嗣氏はAlexaスキルの動向と共に「Alexaスキルの時間別の利用データ」を、平日と休日の2パターン紹介した。

柳田氏

アマゾンジャパン・Alexaビジネス本部 本部長の柳田晃嗣氏

11月から招待制という形でEchoはもう一人家族が増えたかのように、家庭内に置かれるようになりました。ではどのように使われているかを、少しデータを交えながらご紹介したいと思います。


平日の利用データ

こちらのデータは、平日の利用データを時間別に見たものです。

もしかするとベッドの中に使っているのかもしれません。やはり「ニューススキル」や「スマートホームスキル」は、朝起きてすぐに使われている傾向があります。その後、音楽スキルがよく使われています。日中は家にいない方も多く、活発な動きはありませんが、夕方くらいからゲームスキルが使われ始めます。16時くらいから使われ出し、20時には一番使われていますよね。これを見ると、家族で楽しくゲームをしているのかなと想像することができます。

そして、なぜかライフスタイル系のスキルが寝る前に最も利用されています。調べてみると、しっかり睡眠を取りたいということで、夜寝る際に睡眠系のスキルが使われているということがわかりました。ということはもしかするとベッド脇に置かれているのかなと推測できます。



こちらは休日のデータです。休日はやはり、起きる時間が少し遅くなるみたいですね。それでも朝はニュースや天気が使われています。スマートホームや音楽、ゲームは日中ずっと使われ続けています。そして夜は平日と同じようにライフスタイル系のスキルが使われています。

こういったデータを見ると、アレクサが家族の中で便利に使われているんだなと想像できます。Echoを販売した11月以降、皆様のライフスタイルを少しでも良くすることができているんじゃないかなと感じています。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム