グーグル、Googleアシスタントに「How to」動画の表示機能を計画中?

2018年4月19日、GoogleがGoogle Assistantの画面に「How to」動画を表示する機能を準備中であるとCNBCが報じた。



How To機能は、ユーザーが何かをする方法を尋ねると、ビデオで段階的な方法を提示するものだという。

例えば、ジョンソン&ジョンソンが赤ちゃんの入浴方法を紹介したり、クラフトがチーズフォンデュ用のレシピビデオを紹介することができる。

2018年5月開催予定の開発者向けイベント「Google I/O 2018」でこの機能が紹介される予定だという。







スマートフォンのGoogle Assitantの画面だけでなく、近く登場予定のディスプレイ搭載のスマートディスプレイでも活用できる機能としても注目の機能となりそうだ。

なお報道によれば、Googleは現時点ではこの仕組の広告やマネタイズを検討していないとのことだが、将来的には収益を上げる方法となる可能性があるとみられている。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム