ロボホン用のプログラミング学習ソフト「ブラウザ型プログラミングツール」を来月発売!STEM教育にも活用

シャープは、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」用のプログラミング学習ソフトウェア『ブラウザ型プログラミングツール』<SR-B04AT>を6月5日に発売することを発表した。


2020年度以降に小学校でのプログラミング教育が必修化されることを見据え、学校や塾などの教育機関に提案する。


本ソフトウェアは、ブロック型のオブジェクトを組み合わせることで、簡単に「ロボホン」の動作や対話などのプログラムを作成。Webブラウザ上で動作するので、パソコンはもちろん、タブレット端末などでも手軽にプログラミングすることが可能だ。


Webブラウザ画面イメージ


また、パソコンやタブレット端末と「ロボホン」をWi-Fi経由で接続できるので、ワイヤレスでプログラムを実行できる。同時に複数の端末から「ロボホン」に接続可能なので、グループでの学習にも活用できる。


さらに「ロボホン」は、英語と中国語にも対応しているので、対話プログラムの作成などを通じた外国語学習にも応用可能だ。


希望小売価格はオープン、推奨ブラウザはGoogle Chrome 66.x、Safari 11.x。


本ソフトウェアは、5月16日(水)から18日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される教育関連の専門展示会「教育ITソリューションEXPO」のシャープブースで展示される。


関連サイト
ロボホン

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム