クックパッドがスマートキッチンのワークショップ開催へ グループワークでプロトタイピング

クックパッド株式会社は、株式会社LIXIL、テックショップジャパン株式会社と共同で、「毎日の料理を楽しくするスマートキッチン体験をプロトタイピングする」ワークショップの開催を決定。参加者の募集を開始した。

同イベントは、テックショップジャパンの運営する会員制オープンアクセス型DIY工房「TechShop Tokyo」にて、2018年6月30日(土)と7月14日(土)に開催。アイデアを出す人、ハードウェアをつくる人、プログラミングをする人が、グループワークを通じて「料理が本来持っている様々な価値」を発見し、その価値を体験できるスマートキッチンのプロトタイプをつくっていくというもの。ハードウェアづくりやプログラミングの経験がなくても、日常的に料理をしている人や、料理が好きな人であれば参加可能だ。

今回の開催の狙いは、「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げ、IoTやAIの活用により実現していくスマートキッチン領域にも取り組むクックパッド、先進的なキッチンを開発・提供しているLIXIL、ものづくりの場とコミュニティを持つテックショップジャパンと3社共同でイベントを開催することにより、それぞれの強みを活かしてスマートキッチンのイノベーションを加速させることにある。

なお、優秀なアイデア・作品については、イベント終了後に、クックパッドで展開しているスマートキッチンサービス「OiCy」のコンセプトモデルへ採用・共同研究等を含め検討される。

スマートキッチンサービス「OiCy」サイト
https://oicy.cookpad.com/




イベント概要

6月30日のDay1にて専門家からの料理に関するインプットトークの後、グループに分かれてアイデア出しを行い、プロトタイピングに入る。7月14日のDay2で作品発表、審査・講評を行い、優秀作品を決定。

また開催期間中は、クックパッド、LIXIL、テックショップジャパンの社員がメンターとして参加者をサポートし、参加者はTechShop Tokyo店内に設置された機器をTechShop会員同様に使ってプロトタイピングすることができる。

▼イベント詳細

タイトル 『毎日の料理を楽しくするスマートキッチン体験をプロトタイピングする』〜テクノロジーで料理の本質にせまる〜
日時 Day1 6/30(土)10:00〜18:00  Day2 7/14(土)10:00〜17:00
※Day1、Day2の2日間とも参加できる人のみの応募。
※Day1〜Day2の間はTechShopを利用したプロトタイピングが可能。
※天候による影響や災害等により、イベント日程の変更、中止の場合もあり。
内容 Day1:6月30日(土)・インスピレーショントーク・グループに分かれてアイデア出し・プロトタイピング
Day2:7月14日(土)・プロトタイピング・各グループ毎作品発表・審査・講評
場所 TechShop Tokyo(〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階)
募集人数 20名
参加費 TechShop会員様:無料
TechShop非会員様:500円(税込)
※応募多数の場合は先着順とし定員になり次第受付を締め切り。
審査員 ・川上ミホ(料理家/フード・ディレクター)
・二瓶 拓穂(株式会社LIXIL マーケティング本部 マーケティングストラテジー統括部 統括部長 兼 デジタル推進部 部長)
・住 朋享(クックパッド株式会社 事業開発部 Cookpad Venturesグループリーダー/Cookpad Accelerator責任者


イベント告知ページ
http://www.techshop.jp/event/1144

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム