ドコモのAIエージェント基盤「project SEBASTIEN」ハッカソン 初日フォトレポート #ロボスタ勉強会

2018年6月23日〜24日、東京渋谷のドコモR&Dサテライトスペースにて、ドコモのAIエージェント基盤「project SEBASTIEN」(セバスチャン)を使ったハッカソンが行われる。

まずは初日の様子を写真中心でお届けする。



会場案内・趣旨説明

ハッカソンの会場は、ドコモR&Dサテライトスペース。渋谷駅からすぐ。ヒカリエの隣。

渋谷東口ビル、2階。

まずは今回のハッカソンの流れ、審査基準、注意事項などが解説された。

今回のテーマは「メインエージェント/エキスパートエージェントのどちらか(あるいは両方)を使用した「何か」を作る」というもの。


セバスチャンで何ができる(パネルディスカッション)

まずNTTドコモの秋永和計氏、ロボットパートナーの太田智美氏、ロボットスタートの西田寛輔によるパネルディスカッションが行われた。

スマスピを使っているか、スマスピに向いてる機能、エージェントについて、こんなエージェントは嫌だ、審査で大切にしていること、などが議論された。

NTTドコモ イノベーション統括部の金加喜氏による「対話エージェントの紹介」。

「技術より、対話設計」が重要とのこと。


アイデアソン・チーム作成

解説が終わったところで、チーム作成に進む。

まずはアイディアソンからスタート。

用意されたシートにアイデアを各自記入していく。

アイディアを書いたシートを掲示、参加者それぞれが他の人のアイディアに投票。

その後、簡単な自己紹介を行い、自分のアイデア発表。

それぞれのアイディア、能力を知った上でチームビルディングを行った。


昼食

チームビルディングの後、ランチタイムへ。

本日は金兵衛のお弁当。

今回は魚と鶏肉の2種類を用意。魚が人気だった。

お弁当を食べながら、アイディアを広げていく。


ミニワークショップ(簡単なエージェントの作成方法)

メインエージェント、エキスパートエージェントについて、簡単なミニワークショップを行った。

それぞれのエージェントの概念の違いや特徴などが解説された。

様々なドキュメントはSlack経由で配布。


ハッカソン

ここからがハッカソンの本番。ここから本日20時まで。明日は9時30分から14時30分まで、各チーム作業時間となっている。途中「中間発表」の時間が用意される。



明日のハッカソンの様子も引き続きレポートする予定だ。

作品発表、優勝チームはどこになるのかお楽しみに。


関連Facebookコミュニティ
my daiz / sebastien fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム