サムスンがスマートホーム製品を一新 メッシュWi-Fiルーターや各種センサーなど新デバイス続々

8月13日、韓国・サムスンが自社IoT製品群「SmartThings」の新ラインナップを発表した。



本記事では、これらの新ラインナップを紹介していく。


Samsung SmartThings Wifi


SmartThingsハブ搭載のWi-Fiルーターの新型が「Samsung SmartThings Wifi」だ。Plumeとのパートナーシップによりメッシュネットワークを実現。最新の無線通信プロトコル(ZigBee、Z-Wave、Bluetooth 4.1)に対応している。価格は、単体で69.99ドル、3つセットで279.99ドル。


Samsung SmartThings Button


初登場の新製品が「SmartThings Button」だ。決められた動作を予めプログラミングしておくことで、スイッチ1つで複数デバイスの制御を行うことができるボタン。価格は14.99ドル。


Samsung SmartThings Multipurpose Sensor


「SmartThings Multipurpose Sensor」の新型も発表された。これは、多目的センサーで、ドアや窓の開閉状態を把握、通知、デバイスのオンオフを行える。価格は19.99ドル。


Samsung SmartThings Motion Sensor


SmartThings Motion Sensorの新型も発表されている。人の動き、家への出入りなどを検知するセンサーで、動きを検知したら通知をしたり、接続されたデバイスをオン/オフにしたりもできる。価格は24.99ドル。


Samsung SmartThings Water Leak Sensor


「SmartThings Water Leak Sensor」の新型も発表。水漏れ検知のため、水をセンシングしたときにアラートを出すセンサー。価格は19.99ドル。


Samsung SmartThings Outlet


こちらは、「SmartThings Outlet」の新型。接続した電気器具のオンオフを制御するスマートコンセント。熱を検知して、電源をオフにすることなども可能。価格は34.99ドル。


他ラインナップ


前述の新商品以外にも各種デバイスがラインナップされている。「Arrival Sensor」、「Smoke Alarm」、「Carbon Monoxide Alarm」、「Keychain Remote」、「Motion Detector」、「Door & Window Detector」など。


ここで紹介したSmartThingsデバイスは、昨日発表されたサムスン製スマートスピーカー「Galaxy Home」を通じて音声制御することもできる。なお、このスピーカーの詳細は、2018年11月以降に発表される予定とされている。


Source:Samsung

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム