病理診断をAIが診断し、病理医の負担軽減に取り組むメドメインにディープコアが出資!

株式会社ディープコアは病理画像診断ソフトの開発を行うメドメイン株式会社に出資したことを発表した。

メドメインは、九州大学医学部のメンバーを中心に設立されたベンチャーで、ディープラーニングを活用した病理画像診断ソフト「PidPort(ピッドポート)」の開発を行っている。またPidPortは過去に、シリコンバレーやエストニアで開催されたピッチコンテストでの優勝など、数多くの受賞実績を持つ。



ディープコアはAIやディープラーニングに特化したインキュベーション事業を展開する企業で、シードおよびアーリーステージのAIスタートアップへの投資を目的としたベンチャーキャピタルファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」において、今回の出資を行う。


病理診断とは

病理診断とは、患者から採取した細胞組織を顕微鏡で観察し、細胞の異常が有るか、手術が必要かどうかを判断する検査だ。
メドメインによると、専門的な知識を要する病理医が慢性的に不足傾向にあるという。メドメインはこの現状を踏まえ、九州大学医学部と九州大学病院の協力の下「PidPort」の開発を行っている。

「PidPort」とは

PidPortは、AI技術の一つであるディープラーニングと独自の画像処理技術によって、スピーディーで高精度な病理診断を行うことができる環境を世界中に届けることを目標にしており、メドメインは、2年以内に日本をはじめ世界各国の医療機関へ「PidPort」を提供することを目指している。また現在の開発では、スーパーコンピューターを利用し、AIへの高速学習を行っている。




ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム