Amazon、Amazon Echoシリーズの新製品を発表。新製品のEcho Subや、日本初登場のEcho Showも

9月20日、Amazonが「Amazon Echoシリーズ」の新製品に加え、新登場のEchoオーディオコンポーネントを発表した。

今回発表された製品で日本で購入可能なものは、以下の通り。




Amazon Echo新製品



Echo Dot

小さなサイズのEcho Dotは、今回新しいスピーカーの搭載により、全モデルより音質が向上し、よりパワフルな音を実現。



筐体デザインは刷新され、丸みを帯びたデザインとファブリック仕上げによる新しい筐体デザインに。カラーは、チャコール、ヘザーグレー、サンドストーンの3色。今回モデルで第3世代となる。


本日より以下サイトで先行予約が開始され、出荷開始は10月30日。価格は5,980円(税込)


https://www.amazon.co.jp/echodot



Echo Plus

スマートホームハブ内蔵のEcho Plusは、アップグレードされた大口径3インチのネオジウム・ウーファーが搭載され、音質が向上。2台揃えると、左右それぞれで音楽を再生するステレオスピーカーとして利用が可能に。



こちらも筐体デザインが新しくなり、カラーはチャコール、ヘザーグレー、サンドストーンの3色のファブリック。


ZigBeeスマートホームハブを内蔵し、ハブやアプリを追加することなく、ZigBee対応のスマートホーム製品を自動的に検知し、接続設定が可能。


今回モデルから温度センサーが搭載され、「アレクサ、現在のリビングの温度を教えて」と話しかけるだけで、室温を確認することも可能となる。


本日より以下サイトで先行予約が開始され、出荷開始は10月30日。価格は、17,980円(税込)


https://www.amazon.co.jp/echodot




Amazon Echoオーディオコンポーネント新製品



Echo Sub


初登場となる新製品。EchoやEcho Plusにつないで、豊かなサウンドと深く沈み込む低音の音楽再生を楽しめるサブウーファー。


Echo Subと対応するEchoデバイスとペアリングして、1.1または2.1のステレオサウンドを作ることができる。対応は、Echo(現行製品)とEcho Plus (新製品)のみとなる。


本日より以下サイトで先行予約が開始され、出荷開始は10月30日。価格は、15,980円(税込)


https://www.amazon.co.jp/echosub




日本初登場となるEcho Show


待望のEcho Showがついに日本対応された。色鮮やかにビジュアルを魅力的に表示する10.1インチHDディスプレイを備えており、Alexaに話しかけることで、天気やビデオ、買い物リスト表示などの音声と共に画像で情報を得ることが出来る。



広い画面でのカラオケが可能


Amazon デジタルミュージックストアで購入した楽曲、Amazon Music UnlimitedやPrime Musicの聴き放題サービスのほか、dヒッツ®powered by レコチョク、うたパスの楽曲を聞いたり、Amazon Musicや「カラオケJOYSOUND」(株式会社エクシング)のスキルを利用して、スクリーンに表示される歌詞を見ながらカラオケを楽しむことも出来る。

カラオケは現在販売中のEcho Spotでも可能だったが、Echo Showでより広い画面で楽しむことが可能に。



スマートホームハブ内蔵


Echo ShowにはZigBeeスマートホームハブも内蔵されており、Echo Plus同様ハブやアプリを追加することなく、ZigBee対応のスマートホーム製品を自動的に検知し、接続設定が可能。



ビデオ通話なカメラ内蔵


Echo Showには、ビデオ通話をサポートする500万画素のカメラを内蔵しており、Echo Spot、Echo Show、またはAlexa アプリをインストールしたスマートフォンを持つ友人や家族とハンズフリー通話が可能。別の部屋にあるEchoデバイスに呼びかけたりAlexaに対応する別売りのカメラを設置して子供部屋を確認することも行える。



ウェブブラウザ搭載


Echo Showはウェブ・ブラウザを搭載しており、「アレクサ、Silkを開いて」または「アレクサ、Firefoxを開いて」との発話でウェブ・ブラウザを利用出来る。ブラウザを開き、画面上のキーボードを使ってURLを入力してお気に入りのウェブサイトにアクセスしたり、お気に入りのウェブサイトをブックマークすることも可能だ。



Echo Show対応スキル


Echo Showのスクリーンを生かしたさまざまなスキルも用意されていまる。例えば、さまざまな店舗の中からメニューを注文、Amazon Payの利用で支払いとデリバリーが可能な新しいスキル「出前館」(夢の街創造委員会株式会社)や、遊園地や水族館など全国のレジャー施設の電子チケットを割引で購入できるスキル「JTBおでかけチケット」(株式会社JTB)など、改良されたスキルの提供も開始。


Echo Show対応スキルは、音声を主体としながらも、必要に応じて画面表示やタッチ操作など、多様な方法でのユーザー対話を自在に組み合わせることができる新デザイン言語「Alexa Presentation Language (APL)」を利用して開発されている。



価格


本日より以下サイトで先行予約が開始され、出荷開始は12月12日。価格は、17,980円(税込)


https://www.amazon.co.jp/echoshow


Echo Showの視聴角度やカメラアングルを調整できる専用スタンドが2,980円で用意されており、Echo Showと同じく先行予約受付中、出荷開始は12月12日。




新製品発表記念キャンペーン


新製品発表を記念し、期間限定で以下のキャンペーンが行われている。


Echo Plusを2台まとめて買うと、2台目を単品購入の場合と比較して半額で販売(2台で26,970円(税込))(9月21日~9月25日 23:59まで)
Echo Showを22,480円(税込)で販売 (9月21日~10月19日 16:59まで)(プロモーション終了後は27,980円(税込))
Echo Showを2台まとめて買うと、2台目を割引で販売(2台で41,970円(税込)(9月21日~9月25日 23:59まで)
Echo PlusとPhilips Hueのスマート電球1個をセットにした商品を17,980円(税込)で、Echo ShowとPhilips Hueのスマート電球1個をセットにした商品を27,980円(税込)で販売
EchoとEcho Subをセットにした商品を単品購入の場合と比較して8,000円引きの19,960円(税込)で、Echo PlusとEcho Subをセットにした商品を単品購入の場合と比較して11,000円引きの22,960円(税込)で販売
Echoシリーズ(Echo、Echo Dot、Echo Plus、Echo Spot、Echo Show)のいずれかを購入した方に、Amazon Music Unlimitedの個人プラン(月額)に使用できるクーポンをプレゼント(Amazon Music Unlimitedの無料体験のお申し込みが可能な方のみ対象)。


クーポンプレゼントの詳細はこちら。
https://www.amazon.co.jp/b?node=6050551051

米アマゾンではこれ以外にも様々な新製品が発表されている。日本未発売モデルの新製品をチェックしたい方は以下の記事をご覧頂きたい。



ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム