冷凍保存方法を紹介するAlexaスキル、旭化成が提供開始 サランラップやジップロックで

旭化成ホームプロダクツは、9月25日(火)より、Amazon Echoをはじめとしたスマートスピーカー用AIアシスタント「Amazon Alexa(アレクサ)」に対応したスキル「サランラップ・ジップロックの冷凍保存テクニック」の提供を開始した。



Alexaスキル「冷凍保存テクニック」とは?

「冷凍保存テクニック」は、料理などで余った食材を冷凍保存したい時にスキルを開始し、「アレクサ、〇〇〇(食材の名前)の冷凍保存は?」と聞くことで、Alexaがサランラップやジップロックを使ったおすすめの冷凍保存方法を答えてくれるというスキルだ。例えばじゃがいもについて尋ねると、「じゃがいもは、かたまりのまま冷凍すると、食感が悪くなるので、まず、ゆでてつぶしてから、マッシュポテトの状態にします。そのあとに、サランラップ(R)で小分けにして包み、ジップロック(R)フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。」と回答する。

教えてくれる食材は全部で全82種類あり、野菜から乾物、おかずなど様々な保存方法を聞くことができる。 

回答例

鶏もも肉や胸肉
1回に使う分ずつ、「サランラップ」でぴったり包み、「ジップロックフリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。

栗は生のまま「ジップロックフリーザーバッグ」に入れて冷凍。(加熱した栗も同様に冷凍保存可能)

下処理とともに冷凍保存方法を回答し、解凍方法や複雑な情報はAlexaアプリに情報を飛ばしてくれる。料理好きのみならず、料理に不慣れな方にとっても、便利なスキルだろう。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム