グーグルがGoogleアシスタント対応・リアルタイム翻訳機能搭載の「Google Pixel USB-C イヤフォン」を発表

Googleが新しいスマートフォン「Pixel 3」および「Pixel 3XL」に付属するイヤホン「Google Pixel USB-C イヤフォン」の単体販売を開始した。

名前の通りUSB-C接続の有線イヤフォンで、カラーはホワイトの1色のみ。価格はアメリカで30ドル、日本では3,456円という設定となっている。


リモコンボタン長押しでGoogle Assistant起動、音量大ボタン長押しで最新通知を再生、リアルタイム翻訳機能を搭載しており手頃な価格ながら使い勝手の良さそうなイヤフォンになっている。

米国で去年より発売されているワイヤレスのGoogle Pixel Buds(159ドル)が上位機種となるが、こちらは残念ながら日本未発売だ。



Source:Google ストア (JP) / Google ストア (US)

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム